塚本晋也監督10作目の最新作『悪夢探偵』初!世界同時映画祭プレミア上映決定

最新ニュース

『悪夢探偵』 メイン
  • 『悪夢探偵』 メイン
『六月の蛇』でヴェネツィア国際映画祭の審査員特別大賞を受賞するなど海外でも高い評価を受けてきた塚本晋也監督の最新作『悪夢探偵』が2つの国際映画祭で初めて、同日のワールドプレミア上映という形で上映されることが決定した。かたや、今年が初開催となり注目が集まるローマ映画祭のコンペティション部門で、かたや11回目を迎え、いまやアジアを代表する映画祭となった釜山映画祭で10月14日に上映される。双方ともワールドプレミア上映が参加条件ながら、両映画祭関係者の塚本監督への思いが強く、両者の合意の上で、初の試みとして世界同時上映の2国際映画でのコンペ出品が実現した。

『悪夢探偵』は他人の夢の中に入れる特殊な能力を持った青年がその力を駆使し、ヒロインの女刑事と共に猟奇的な連続殺人事件の謎に迫っていくというアクションスリラー。望まない力を持ったがゆえに苦悩する主人公の“悪夢探偵”を演じるのは切れ味鋭い存在感を放つ松田龍平。塚本監督にとっては記念すべき長編第10作目となり、すでにシリーズ化も決定している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top