歴史をも狂わす美貌!?『王の男』イ・ジュンギ、カン・ソンヨン初日舞台挨拶

最新ニュース

『王の男』初日舞台挨拶イ・ジュンギ、カン・ソンヨン、蓮佛美沙子 メイン
  • 『王の男』初日舞台挨拶イ・ジュンギ、カン・ソンヨン、蓮佛美沙子 メイン
  • 『王の男』初日舞台挨拶イ・ジュンギ、カン・ソンヨン、蓮佛美沙子 サブ1
  • 『王の男』初日舞台挨拶イ・ジュンギ、カン・ソンヨン、蓮佛美沙子 サブ2
12月9日(土)にオープニングを迎えた新宿ガーデンシネマの第1弾として公開された話題の韓国映画『王の男』。公開初日の舞台挨拶には、歴史をも狂わす美貌の女形芸人・コンギルを演じたイ・ジュンギと、王の寵愛を奪われ、コンギルへの嫉妬と復讐に燃える宮女・ノクス役のカン・ソンヨンの2人が来場。2人は詰めかけた観客を前に、先ず日本語での挨拶を披露。会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こった。

イ・ジュンギは「この作品は韓国で多くの人に愛された映画です。日本でも多くの方に、たくさんの愛情を寄せていただければと思います」とコメント。カン・ソンヨンも「みなさんの心の中に深い感動が残ってくれたらうれしいです」と笑顔で語った。会場にはスペシャルゲストとしてスーパーヒロイン・オーディション「MISS PHOENIX」でグランプリに輝いた女優の蓮佛美沙子も駆けつけ、2人に花束を手渡した。蓮佛さんは本作の見所として「物語の奥深さと映像の迫力」を挙げ、「何度も観たいと思わせてくれる作品です」と太鼓判を押した。

そんな蓮佛さんを見てイ・ジュンギは日本語でひと言「やっぱりきれいですね」。実は彼は現在日本語を勉強中、来春に公開を控えた『ヴァージン・スノー』の日本での撮影中も、共演する宮崎あおいから日本語を教えてもらっていたという。好きな日本語は?と尋ねられ「若いときの苦労は買ってでもしろ」と答えると場内は大きな笑いに包まれた。

カン・ソンヨンは崔洋一監督の最新作にも出演、「来年また、日本のみなさんとお会いできると思います」と笑顔で語り、最後にイ・ジュンギも「みなさんとしょっちゅうお会いしたいです」とコメントを残した。2人の韓流スターの親日ぶりに、会場は大きな盛り上がりを見せた。『王の男』は新宿ガーデンシネマのほか、恵比寿ガーデンシネマなど全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top