「ネタは飲み屋のノリ(笑)」『大日本人』宮迫、板尾ら出演者が舞台挨拶で裏話披露

最新ニュース

『大日本人』舞台挨拶にて。(左から)宮川大輔、宮迫博之、原西孝幸、板尾創路
  • 『大日本人』舞台挨拶にて。(左から)宮川大輔、宮迫博之、原西孝幸、板尾創路
  • 『大日本人』舞台挨拶にて。宮川大輔、宮迫博之
  • 『大日本人』舞台挨拶にて。原西孝幸、板尾創路
公開2週間にして、早くも動員50万人を突破した『大日本人』。ストーリーや出演者など、ほぼ情報がないままの公開だったが、ふたを開けてみれば大ヒットを記録。またトロント映画祭、香港映画祭、釜山映画祭などからも招待されるなど、快進撃は止まらない。その大ヒットを祝して6月16日(土)、板尾創路、原西孝幸、宮迫広之、宮川大輔ら出演陣が舞台挨拶を行った。

登場するなり、「もう2週間経ってるのにサプライズ舞台挨拶って聞いて、僕ら本人が一番サプライズでしたけどね。初日じゃねーの? って(笑)」と会場を沸かせた宮迫さん。映画では着ぐるみで登場するが、「僕ら(宮迫さんと宮川さん)は顔出てないですからね。ぶっちゃけ何人にも言われたんですから。吹き替えやと思われてて。あれちゃんと中入ってますからね。勘違いせんといてくださいね」と必死でアピール。そして共に“着ぐるみに入っていた”宮川さんも「あのお面もちゃんと顔の形取ってるんですよ。全部測りました。僕はスーパー・ジャスティスってキャラなんですけど、やっぱりちょっとあごがしゃくれてるんですよ(笑)。あれもちゃんと形取ってるんですよ」と爆笑エピソードを披露してくれた。

「実際完成されたヤツは短いですけど、めっちゃ長く撮ってるんですよ。何回もTシャツ破いてる(笑)。破くたびにみんなで酸欠で気絶しそうになるんですよ。一人クラッてなったら、『はい、止めてー』言うて」と、撮影はかなり大変だったそうだが、そこで原西さんが「あれ、Tシャツは何で破くの?(笑)」と一言。そこで宮迫さんが「あれは元々、飲み屋さんで僕と(宮川)大輔が後輩にすることなんですよね(笑)。後輩にイラッとしたり、なんかちょっと生意気なこと言うたりしたら、『ちょっと来い』言うて、ビリーッて。飲み屋のノリですよ、はっきり言って(笑)」とネタ元を暴露すると、会場はさらに爆笑。

その原西さんと板尾さんは、ほぼ顔だけの出演。原西さん曰く「一応、松本さんも入れてリハ的なことはした」そうだ。板尾さんも、「一応、会議室みたいなところでデジカメ回してわいわいやってたのを参考にCGにしてんねん。顔だけ後ではめたんやな。顔だけ芝居してんねん」と撮影の裏話。だが、話はどうしてもネタの豊富な宮川&宮迫コンビのシーンに。2人のシーンに登場する大きなヒーロー・キャラについても、宮川さんが「セネガルの人がやってますよ」と言うと、板尾さんが「あの打ち上げにおった、大セネガル人? 高いところで仕事してはるなー、と思ってたわ」と驚き、原西さんも「『オハヨウゴザイマス』とか言われたから何の人だ?」と思ったそう。そのセネガル人の起用については「何? 暑さに耐えられるから?」と板尾さんが予測するも、「いや、デカイからですよ。暑さに耐えられる、ってどういうことですか?」と宮迫さんに返されてしまっていた…。

ほかにも、ラストシーンやアフレコについて、モーション・キャプチャについてなど、いろいろなエピソードが飛び出した舞台挨拶…と言うよりもむしろトークイベントや生コントのような趣で観客は終始爆笑だった。4人が口を揃えて「観るたびに違うところが面白いと思う」と言う『大日本人』は東劇ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top