松田翔太、現場でガッキーに拒否られる? 『ワルボロ』キャスト陣勢揃いで天然トーク

最新ニュース

『ワルボロ』初日舞台挨拶。左から隅田靖監督、古畑勝隆、木村了、新垣結衣、松田翔太、福士誠治、城田優、途中慎吾
  • 『ワルボロ』初日舞台挨拶。左から隅田靖監督、古畑勝隆、木村了、新垣結衣、松田翔太、福士誠治、城田優、途中慎吾
  • 初主演作が初日を迎えた喜びを語る松田翔太。
  • 紅一点の新垣結衣に男性陣はメロメロの様子だった。
期待の若手俳優陣が80年代のツッパリ中学生に扮して大暴走! 公開前から大きな話題を呼んでいた映画『ワルボロ」が9月8日(土)、ついに公開を迎えた。初日の第一回目の上映前の舞台挨拶に主演の松田翔太、ヒロインの新垣結衣、さらに福士誠治に城田優、木村了、古畑勝隆、途中慎吾ら共演陣、そしてメガホンを取った隅田靖監督が登壇。朝9時という時間にもかかわらず多くの観客がつめかけ、会場は大きな盛り上がりを見せた。

「翔太」コールがやまない観客席に向かって、松田さんは「おはようございます。朝早くから来てくださってありがとうございます」と挨拶。勉強一筋の優等生から、一夜にしてリーゼント、短ラン&ボンタンのツッパリに転向するコーちゃんが、松田さんの記念すべき映画初主演作における役柄となった。「この役を演じるに当たって、“刹那主義”ということを僕の中でテーマとしました。一つ一つのシーンにライブのような感覚で臨みました」。この松田さんの思いは共演の俳優陣にも共有されていたようだ。松田さんの言葉を引き取って、“三中錦組”を率いるヤッコを演じた福士さんがこう続ける。「実は、一番最初の顔合わせのときに監督は、僕ら(男性陣)6人だけを残して消えちゃったんです。このおかげで頭のシーンから、みんな仲が良かったですね」。松田さんはこの顔合わせで「監督を先生だと思って、やりたいことをやりまくろう!」と呼びかけ、そこから堰を切ったように、みんなから次々と新しいアイディアが出されたという。

実際、この日の舞台挨拶を見ても俳優陣は本当に仲が良さそう。ハイタッチでの登場に始まり、司会者が松田さんの名を「松田しゃん」と噛もうものなら全員で「松田しゃん入りました!!」とすかさず突っ込み、途中さんが「質問なんですっけ?」と聞き返せば「ぶっ飛ばすぞ!」。「ほかの現場では味わえない本気のぶつかり合いの楽しさがあった」(城田さん)、「みんなでバカやって作った」(木村さん)、「いろんな形でみんなにかわいがってもらいました」(途中さん)、「裸の付き合いどころか、風呂場以外でも裸になってたような感じ」(古畑さん)と、それぞれ撮影の日々を充実した表情でふり返った。隅田監督も、この個性あふれる俳優陣に大満足の様子で「スクリーンからみんながはみ出てくるかのような映画です」と笑顔を見せた。

しょーもない(?)“男子”たちの様子を楽しそうに眺めていた、紅一点の新垣さん。「意外とオープンな人でした」とは、共演してみての新垣さんの松田さんに対する印象。「控え室でも意外と話しかけてくれましたし」となぜか“意外と”を連発。松田さんが「でも新垣さんは僕を受け入れてくれなかったのか、ギクシャクした感じは残ってて…。でもそれが演技の上では上手く作用したかなって。まあ計算通りですけど(笑)」とキメるも、新垣さんはあっさりと「私はギクシャクした雰囲気感じませんでしたけど…?(笑)」。なぜか2人は初日の舞台上でギクシャク? すかさず福士さんが観客に向けて「仲良いんです。本当は仲いいんですよ!」と必死のフォローに走り会場の笑いを誘った。

舞台挨拶の最後には松田さんから満員の観客に向けてメッセージが。「最近聞いてて悲しくなるようなニュースが多くて…もう悲しいニュースは聞きたくないんです。今日みなさんが『ワルボロ』を観て、一つ良いニュースが増えた、と友達に報告してくれたら嬉しいです」。この言葉に会場には、割れんばかりの拍手と歓声が鳴り響いた。『ワルボロ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top