身体の自由がきかなくても、愛と希望は満ちている『潜水服は蝶の夢を見る』

最新ニュース

『潜水服は蝶の夢を見る』 (c)- Pathe Renn Production-France 3
  • 『潜水服は蝶の夢を見る』 (c)- Pathe Renn Production-France 3
  • 『潜水服は蝶の夢を見る』 (C)- Pathe Renn Production-France 3
  • 『潜水服は蝶の夢を見る』 (C)- Pathe Renn Production-France 3
ファッション誌「ELLE」の編集長として活躍する華やかな日々から一転、脳梗塞で左眼の瞼以外の自由がきかなくなってしまった男、ジャン=ドミニク・ボビー。突然の悲劇に見舞われた彼が、瞬きの合図でアルファベットを綴るというコミュニケーション方法を用いて自伝小説を執筆。その世界的ベストセラーとなった著書を基に、愛と感動に満ちあふれた彼の生きざまを映画化したのが本作だ。

ある病院の一室で、昏睡状態から目覚めたジャン=ドミニク・ボビー。脳梗塞で倒れ、運び込まれたことを徐々に思い出し始めた彼は、意識がしっかりしているにもかかわらず、身体を動かすことはおろか、言葉を発することさえできない状態であることに気づく。唯一動かせるのは、左眼の瞼だけ。美しい言語療法士のアンリエットは、そんな彼に瞬きでコミュニケーションを取る方法を教えるが…。

『夜になるまえに』の名匠ジュリアン・シュナーベルが監督を務め、アカデミー賞監督賞にノミネート。ジャン=ドミニク・ボビーの魂の闘いを、ユーモアを交えながら軽やかに綴っている。その軽やかさは、主人公に扮したマチュー・アマルリックの好演によるところも大きい。世を拗ねた態度を徐々に変化させ、やがて確かな希望を身につけていくさまを、時に笑わせ、時に心を揺さぶるモノローグと共に魅力的に演じ上げている。さらには、主人公の目線をとらえた、ヤヌス・カミンスキーによる独創的なカメラワークもポイント。

切なすぎるラストに涙をこらえることはできないが、同時に、まばゆいばかりの愛と希望に触れたと実感できる。

《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top