夢ある姫たちに森三中、真剣アドバイス? 『魔法にかけられて』プリンセス試写会

最新ニュース

『魔法にかけられて』プリンセス試写会にて 森三中(左より黒沢さん、村上さん、大島さん)
  • 『魔法にかけられて』プリンセス試写会にて 森三中(左より黒沢さん、村上さん、大島さん)
ニューヨークの街に迷い込んだおとぎの国のお姫様が巻き起こす、全く新しいファンタジー『魔法にかけられて』。アニメと実写、さらにパロディやミュージカル満載の、このディズニー話題作が3月14日(金)より公開される。これに先駆けて、2月24日(日)、“誰もがプリンセスになれる!”をコンセプトに、本作の親子プリンセス試写会が行われた。上映後には、かわいらしいプリンセスのドレスをまとった2歳から6歳までの女の子21名によるファッションショーを開催。さらにゲストとして黒沢かずこ、村上知子、大島美幸(森三中)が登場した。

この日、森三中の3人はそれぞれが憧れるコスチュームで登場。突然の3人の出現に、ゲスト登場を知らされていなかった会場は驚きの大歓声を上げた。「夏木マリさんをイメージしてみました」という黒沢さんは、ど派手なメイクにブラックで固めた魔女のコスチュームを披露。タイトルの“魔法にかけられて”に因んで「29年間王子を求めていますが、まだまだ現れていません。魔法にかけられるなら、綺麗になれる粉をかけてほしい。王子様のイメージは、小泉孝太郎さん」とかなり具体的に、その想いを明かしてくれた。

「ちびっこたちには悪いけど、私が一番輝いてしまいました」と自信満々なのは、純白のお姫様ドレスをまとった村上さん。作品については「いつものディズニーよりどんでん返しがあって、面白かった」と太鼓判を押す村上さんだが、自身のこととなると「王子様に会うには内面だけでなく外見も必要。外見は限界あるから、全部変えちゃってほしい。穏やか、華やか、自分を守ってくれる、そんな王子様に出会いたい」と黒沢さん同様、やはり“王子様”がポイントのよう。

そんな2人より一足早く“王子様”を見つけた大島さん。違和感なく着こなす、劇中のジェームズ・マースデンさながらの王子コスチュームについて「メイク時間が短い王子役にさせていただきました。5分で終わりました」とコメント。「魔法にかけられるなら、世界中が平和になる魔法がいい。もちろん私の王子様は、主人です。旦那のこと、なんなら1時間ぐらい話しましょうか?」とのろけて見せる場面も。

最後に、小さなプリンセスたちに向けて森三中の3人は、「お姉ちゃんたちのようにならないようにね。悪い見本だからね」、「甘いもの食べ過ぎたり、食べた後すぐ寝たり、運動しないと太っちゃうからね」と、それぞれ現実的すぎるメッセージを託した。まだ幼いプリンセスたちを並べるのには一苦労していたようだが、ちびっこプリンセスと森三中、揃っての記念撮影も行われ、微笑ましい雰囲気のままに試写会は終了した。

子供から大人まで楽しめる新感覚ファンタジー『魔法にかけられて』は3月14日(金)より日劇3ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top