“サイボーグ”綾瀬はるかが小出恵介を軽くヒョイ 『僕の彼女はサイボーグ』完成会見

最新ニュース

『僕の彼女はサイボーグ』完成会見。劇中さながらに、綾瀬はるかは小出恵介を軽々と持ち上げた。向かって右はクァク・ジェヨン監督、左は山本又一朗。
  • 『僕の彼女はサイボーグ』完成会見。劇中さながらに、綾瀬はるかは小出恵介を軽々と持ち上げた。向かって右はクァク・ジェヨン監督、左は山本又一朗。
  • サイボーグの“彼女”を演じた綾瀬はるか。
  • “彼女”に振り回されっぱなしのジローに扮した小出恵介。
本国の韓国のみならず、日本でも大ヒットを記録した『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨン監督が、綾瀬はるか、小出恵介を主演に迎えて描く、ピュアで切ないラブストーリー『僕の彼女はサイボーグ』。5月31日(土)の公開を前にジェヨン監督が来日。4月15日(火)に、綾瀬さん、小出さんも出席しての完成記者会見が行われた。

まずは綾瀬さんと小出さんの2人に、ジェヨン監督の印象を聞いてみた。綾瀬さんは「すごくチャーミングな方です。言葉の違いもあって、ときに身振りや表情でこちらに伝えようとしてくださるんですが、それがすごくかわいらしくて。でも『かわいい!』って言ったら『“かわいい”じゃなくて、“かっこいい”だ!』と、怒られました」と語ってくれた。一方の小出さんは、綾瀬さんとは真逆の印象を受けた様子。「怖い監督でした。戦場のような現場で、『本当に終わるのか?』という気持ちで撮影していました」と苦労をふり返りつつも「でも、それだけ内容の濃い現場でしたので、全てが終了してしまうと、毎日が何だか物足りなく感じるようになってしまいました。偉大な監督です」と絶賛した。

これを聞いた監督は「2人が僕を悪く言ったら、言い返してやろうと思っていたのに」とおどけながら「実は、この映画の撮影の前に、外国人監督が韓国人を起用して撮ったある映画を観て、失望しました。そのせいもあって、この映画に関しても、最初はコミュニケーションの方法など、すごく悩みました。でも、撮影が始まってみると、みなさんのおかげで、思っていたよりもずっとうまくいきました。2人には感謝しています」と語った。

綾瀬さんは、これまでの作品との違いについて「これまでの現場では、芝居について監督とお話することはあまりなかったんです。でも今回は、空き時間に監督といろいろお話させていただき勉強になりました」と充実した表情を見せた。

小出さんも「今回は、立ち位置や動きのタイミングなどで、様々な制約がありました。こうして制約された中で、きっちりと芝居に感情を流し込むというのは、自分にとっては非常に新鮮でした。気持ち良いだけが演技ではない、ということを強く感じました」とこれまでとの違いについて語った。

さらに小出さんは、印象的なシーンを尋ねられると「はるかちゃんが、僕を本当におんぶして、100メートルくらい歩く場面があるんです。女の子におんぶされることなんて、普段はまずないので幸せでした(笑)。最初は心配だったんですが、大丈夫そうだったので、思い切り体重をかけました」と笑顔で答えてくれた。綾瀬さんからはこのシーンについて「力には昔から自信があったので、全然問題なかったです」と頼もしい答えが返ってきた。

監督は作品について「決して私が、弱々しい男や強い女性が好きだというわけではありません。ただ、男性には意外と純粋なところが多く、女性は力強さを備えていることが多々ある、ということがこれまで映画を撮ってきて、私が感じたことです」と説明。この言葉を裏付けるかのように、マスコミ向けの写真撮影では、綾瀬さんが劇中さながらに小出さんを持ち上げるという演出も! 映画の中では持ち上げるどころではすまないパワフルな綾瀬さんが見られる『僕の彼女はサイボーグ』は5月31日(土)よりサロンパス ルーブル丸の内ほか全国松竹・東急系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top