『おくりびと』イメージソングでAI×久石譲による異色のコラボレーションが実現!

最新ニュース

『おくりびと』のイメージソングとしてAIと久石譲の夢のコラボが実現。
  • 『おくりびと』のイメージソングとしてAIと久石譲の夢のコラボが実現。
遺体を棺に納める“納棺師(のうかんし)”の仕事に就いたばかりの主人公が、様々な死に向き合う姿を通じて、死に息づく愛の存在をユーモアを交えて描き出した『おくりびと』。本木雅弘と広末涼子が夫婦を演じることでも話題の本作のイメージソングを、感情あふれる歌声で若者を中心に人気を誇るアーティストのAIが手がけることが決定した。

先日試写で本作を鑑賞したAIさん。「ホントに心を打たれて、涙が止まらなくなって…。とにかくめちゃくちゃ感動しました」と語るが、中でも、自身が尊敬する作曲家の久石譲が手がけている劇中の音楽に大感激したそう。そこで、久石さんが作曲した本作の主題曲に、AIさん自らが歌詞をつけ、イメージソングとして歌うことになった。ちなみに、本木さん演じる主人公の大悟は、そもそもチェロ奏者。そこで、劇中曲は主人公の心情に最も近い存在であるチェロの音色が中心となっており、AIさんが歌うイメージソングもチェロ12基編成による楽曲となっている。

AIさんは「尊敬する久石さんの曲に歌詞をつけるということで、光栄でしたが緊張し『この映画に合う歌詞はどんなのがいいのか?』ってすごく悩みました。この『おくりびと』という映画の素晴らしさを、イメージソングで壊しちゃいけないし、とにかく悩んで、考えて歌詞を書きました。映画を通してこういうことを伝えたかったんじゃないかな、ということを自分なりに考えて書いたので、映画に負けないくらい良い曲が出来たと思います! ぜひ聴いてください」とのコメントを発表。

さらに、広末さんからは「AIさんが試写会で映画を観てくれたときの表情が忘れられません。感じて、受けとめて、それを表現することのできる彼女だからこそ出来た歌だと感じました。壮大なオーケストラと、優しく力強いAIさんの声が、この映画の美しい風景と一緒に流れることを思うと、まぶたが熱くなりました」とのコメントが寄せられた。

このイメージソングを含むAIさんのニューシングル「おくりびと / So Special -Version AI-」(ユニバーサル シグマ)が9月10日(水)に発売されることが決定。映画『おくりびと』は9月13日(土)より丸の内プラゼ−ルほか全国にて公開される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top