内野聖陽、“弟”伊藤英明を「Hなナイスガイ」 キム兄は山田孝之の長髪にツッコミ!

最新ニュース

『252 生存者あり』ジャパンプレミア。(左から)水田伸生監督、木村祐一、大森絢音、MINJI、山田孝之、伊藤英明、内野聖陽、香椎由宇、桜井幸子、松田悟志、杉本哲太。
  • 『252 生存者あり』ジャパンプレミア。(左から)水田伸生監督、木村祐一、大森絢音、MINJI、山田孝之、伊藤英明、内野聖陽、香椎由宇、桜井幸子、松田悟志、杉本哲太。
  • 『『252 生存者あり』ジャパンプレミアにて 伊藤英明。
  • 『252 生存者あり』ジャパンプレミアにて 内野聖陽。
直下型地震と巨大台風の直撃、そのとき東京は——?。駅の崩落によって地下に閉じ込められながらも救助を信じ“生存者あり”の信号を送り続ける者たち、命の危険を顧みずに他人の命を救おうとする者たち、そして彼らの帰還を信じて待ち続ける家族たちのドラマを描いた『252 生存者あり』。12月6日(土)の公開を前に本作のジャパンプレミアが11月4日(火)に開催された。レッドカーペットイベントとその後の舞台挨拶に主演の伊藤英明と内野聖陽を始め、香椎由宇、山田孝之、MINJI、木村祐一、桜井幸子、杉本哲太、大森絢音、松田悟志、水田伸生監督が登場し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

伊藤さんらは現役のレスキュー隊員たちに迎えられ、消防車でレッドカーペットに乗りつけ、沿道のファンから熱い声援を送られていた。壇上に立った伊藤さんは「原作ありきで映画が作られるこのご時勢に、一から作り上げて、ここまで大きな作品が出来上がるとは、夢にも思っていませんでした」と感慨深げ。撮影の思い出を尋ねると「キム兄とご一緒できることを、撮影前からずっと楽しみにしていたんですが、キム兄は現場で鶏鍋を作ってくださり、現場が和みました」と笑顔で語った。

山田さんは「みんなでがんばって、迫力ある感動作が出来ました」と胸を張った。撮影中には伊藤さんから、誕生日のプレゼントにミニバイクをもらったそうで「いつでも出動できるように、家の玄関前にスタンバっています!」と明かした。

香椎さんは気象庁の職員を演じたことで、天気予報に対する考え方が大きく変わったとか。「これまで何も知りませんでしたが、この役を演じてみて、天気予報が外れることもあるのは仕方がないことだと分かり、優しい気持ちになれました(笑)。みなさんも温かく見守ってください!」と笑顔で語った。

木村さんは「撮影は1年ほど前で、その頃は内野さんは僕と同じくらいの髪の長さだったのに、いまは立派に伸びましたね。それ以上に山田くんの髪が伸びていて、若いということは、可能性があるということなんだとひしひしと感じています(笑)」と語り開場の笑いを誘った。

MINJIさんは「撮影現場で一番面白かったのは誰か?」と尋ねられ、「みなさん…」と言いかけるも、芸人魂に火が点いたキム兄が猛アピール。後ろから熱視線の熱視線に気づいたMINJIさんは「もちろん木村さんです(笑)」と答え、再び会場は笑いに包まれた。

桜井さんは「過酷な撮影現場でしたがこうして多くの人に観ていただける日が来て嬉しいです」と感無量といった表情。桜井さんと伊藤さんの娘役の絢音ちゃんは「撮影中は『本当にこんなことが起こったらどうしよう?』と思いました」とかわいく挨拶し大きな拍手を浴びた。

内野さんは、伊藤さんとの共演について「弟役が英明くんが弟役でやりやすかったです。見ての通りナイスガイで、少しHな男です(笑)。撮影初日から本当の兄弟のようでした」と明かした。

松田さんは「役作りの中で、他人のために命を懸けるハイパーレスキューの方々のことを知れば知るほど、驚きの連続でした。やりがいにまみれた数か月でした」と充実した表情を見せた。

杉本さんは、救助現場の第一線で戦う隊員ではなく、指揮官という立場の役だったため「あまり共演者のみなさんとお会いする機会がなかったので、今日、こうしてお会い出来て幸せです」と嬉しそうに語った。

この日は、秋の火災予防運動への本作の協力に対し、東京消防庁より感謝状と記念品が贈呈された。さらに、会場となった東京国際フォーラムのイルミネーションの点火式も行われ、舞台上に設置されたガラス上の球体に登壇者が手をかざすと、フォーラム内のイルミネーションが次々と点火。そして空からは雪が舞い降りてくるという演出に会場からは大きな歓声と拍手が贈られた。

『252 生存者あり』は12月6日(土)よりサロンパスルーブル丸の内ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top