堺雅人らO型キャストに、A型・豊原功補ブチギレ 『南極料理人』プレミア舞台挨拶

最新ニュース

『南極料理人』プレミア試写会(左から)高良健吾、生瀬勝久、堺雅人、きたろう、豊原功補、沖田修一監督
  • 『南極料理人』プレミア試写会(左から)高良健吾、生瀬勝久、堺雅人、きたろう、豊原功補、沖田修一監督
  • 『南極料理人』 堺雅人
  • 『南極料理人』 豊原功補
  • 美味しい“南極ケーキ”に仲良く舌鼓
  • 得意の話術で終始会場を沸かせた生瀬さん
  • 何を言われてもマイペースぶりを発揮するきたろうさん
  • 先輩俳優たちにいろいろ教わった高良さん
南極観測隊員として厳寒の地で調理を担当していた西村淳が書き下ろしたエッセイ「面白南極料理人」を原作に、温かい食事を通して隊員8人の男たちの生活を描いたヒューマン・コメディ『南極料理人』。8月8日(土)の先行公開に先駆けて、7月27日(月)、本作のプレミア試写会が行われ、沖田修一監督と主演の堺雅人に加え、南極観測隊員役の生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補らキャストが、上映前の舞台挨拶に集結した。

女性ファンの大歓声で迎えられた堺さんは「外は蒸し暑いですが、映画の中は涼しく仕上がってます」と涼やかな笑顔で作品を紹介。今回、堺さんは料理人・西村を演じるにあたり料理の練習に挑んそうだが、監督曰く、その腕前は「本当に素晴らしいので、見ているうちにあれもこれもお願いしてしまいました」とのこと。堺さん本人も、「まさか自分が鍋を煽る日が来るとは思わなかったので、うまく煽れたときは感動しました」と練習の成果を語った。さらに、「自分の手がおにぎり向きだということに気づきまして。三角のエッジの利いたあのフォルム、柔らかすぎず固すぎず、ご飯一粒一粒の味がしっかりとした、おいしそうなおにぎりが出来ました」とアピールすると、ファンからは「食べたーい!」との声が挙がり、堺さんはすっかり照れてみせた。

「犯人は教えられませんが、スリルとサスペンス、最後の爆発をお楽しみください」と冗談を飛ばすのは、本さん役の生瀬さん。役柄との共通点を尋ねると、「マイペースなところ。好きな人は好きですが、嫌いな人は大っ嫌いですからね。(共演キャストでは)きたろうさん以外は全員好きです」と断言するや、最年長で隊長役のきたろうさんに「しっかりしてくださいよ」との鋭いツッコミ。これにはきたろうさん、「認めてもらえなくても、みんなが隊長なんだなと思うような、そんな隊長いいですよね」と自分で自分をフォロー、2人の夫婦漫才のようなやり取りに会場が沸いた。さらに、きたろうさんは「『南極料理人』、氷の世界ですが、とっても温かいです」としたためた言葉を贈ると、大満足の表情を浮かべた。

そんな先輩俳優たちから「本当にいろんなことを教わった」と話すのは、兄やん役の高良さん。具体的に何を教わったかを尋ねると「クイズとか…」と言葉を濁したが、「自分の中で大事に取っときたいので言いたくないです。僕の年代だとまだ大人になりたくないと思うのですが、こんな大人になりたいと思いました」と気を取り直して述べ、先輩を上機嫌にさせた。

合宿のような撮影期間を経てすっかり打ち解けた様子のキャスト陣だが、1人浮かない表情を見せるのはドクター役の豊原さん。実は、豊原さん以外の壇上のキャスト陣は全員O型だそうで、1人だけA型の豊原さんは「みんな、ものすごくマイペースで、監督に『僕が一番しっかりしてますよね?』と聞いても『いや…』と言うし。テキトーなんですよ、みんな」と不満をぶつけた。その几帳面な性格は演技にも出ているようで、生瀬さんの証言によれば「熱いものを美味しそうに食べるシーンで、100近い熱いものをガブガブ飲むから、水ぶくれが出来てた」とのこと。きたろうさんと揃って「これが役者魂だよね」と豊原さんに称賛を浴びせた。

さらに壇上には、ホテル西洋銀座シェフパティシエ・浦野義也の特製による、南極大陸に模した“南極ケーキ”も登場。一同は一口頬張るや舌鼓を打ちながら、夢中でフォークを進めていた。

一同の息の合ったゆるい空気感が笑いを誘う、『南極料理人』は8月8日(土)よりテアトル新宿にて先行公開、22日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top