【どちらを観る?】ピンチこそ、男の見せ場!『トランスポーター3』VS『96時間』

最新ニュース

『96時間』 -(C) 2008 Europacorp - M6 Films - Grive Productions
  • 『96時間』 -(C) 2008 Europacorp - M6 Films - Grive Productions
  • 『トランスポーター3 アンリミテッド』 -(C) 2008 EUROPACORP-TF1 FILMS PRODUCTION-GRIVE PRODUCTIONS-APIPOULAI PROD
  • 『96時間』 -(C) 2008 Europacorp - M6 Films - Grive Productions
プロの“運び屋”、フランク・マーティンが活躍する人気シリーズの第3作『トランスポーター3 アンリミテッド』と、人身売買組織に愛娘を誘拐された元CIAの父親が、娘奪還に向けて動き出す『96時間』。共にリュック・ベッソン製作の2作で、孤高のヒーローふたりが苦闘を見せている。

『トランスポーター』の最新作で、ジェイスン・ステイサム扮するフランクが挑む案件は過去最悪。凶悪な依頼人に“運び”の仕事を無理矢理任されてしまったフランクは、愛車から20m以上離れると爆死するというトンデモ装置を仕掛けられる。しかも、愛車の助手席には同じ装置をつけられた謎の赤毛美少女が! フランクの“運び”に秘められた、国家規模の陰謀とは何なのだろうか…? と、若干ミステリアスな展開を装ってはいるが、今回の鍵を握るのは陰謀云々よりも赤毛美少女の存在。常にうんざり気味で、クールさキープが持ち味のフランクを、美少女が奔放な振る舞いで翻弄していく。しかも、フランクのムキムキ裸体にときめき、じゅるりと舌なめずりして誘惑したりも!

シリーズ史上珍しい展開へ突入するのだが、そのせいでフランクのタフな魅力が弱まり、トンデモ装置事情も相まって、従来の体当たりアクションがパワーダウンしている感は否めない。

一方、『96時間』でリーアム・ニーソンが演じている主人公・ブライアンは終始タフでクール。旅先で誘拐された娘を追い、アメリカから一路フランスへ。元CIAのスキルをフルに活かしながら、誘拐に関わっているらしき悪人たちを次々となぎ倒していく。その姿は“娘に弱い暴走父”の代表格とも言うべき「24」のジャック・バウアーさながらで、非情さのみをクローズアップするならばジャックにさえも余裕勝ち。娘のゆくえを知るらしき輩を見れば即拷問し、拷問後の口封じも忘れないスパイ・マナーを見せている。また、中心を攻めるには周りから、とスパイ講習で教わったのかどうか、悪人だけでなく、悪人の家族にも容赦なし。にもかかわらず、ともすればマシーンのようになりがちな徹底ぶりに血が通って見えるのは、名優ニーソンの功績なのだろう。そんな彼の怒りが炸裂するものの、老体感にハラハラさせられるクライマックスのファイトシーンも見どころだ。

百戦錬磨の運び屋と言えど、父の愛には勝てず? しかも、かたや美少女にデレデレ、かたや娘奪還に燃えているのだから迫力の差は歴然。それが作品自体のスリルとも比例している。

《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top