鳩山来留夫、自慢の“友愛”ネタをガッツ石松に阻止され苦笑

最新ニュース

『風が強く吹いている』イベント試写会  photo:Yoko Saito
  • 『風が強く吹いている』イベント試写会  photo:Yoko Saito
  • 『風が強く吹いている』イベント試写会 photo:Yoko Saito
  • 『風が強く吹いている』イベント試写会 photo:Yoko Saito
  • 『風が強く吹いている』イベント試写会 photo:Yoko Saito
  • 『風が強く吹いている』イベント試写会 photo:Yoko Saito
  • 『風が強く吹いている』イベント試写会 photo:Yoko Saito
鳩山由紀夫首相のソックリ芸人として人気上昇中の鳩山来留夫が27日(火)、東京・丸の内ピカデリー2で行われた映画『風が強く吹いている』のイベント試写会に出席。友愛の風を吹かせようとしたが、同じゲストのガッツ石松の強力トークに遮られた。

本作は、個性的な若者10人が箱根駅伝を目指して成長し友情を育む姿を描く青春ストーリー。鳩山首相が代表を務める民主党に“風が吹いている”というつながりで旬のゲストと期待されて来場した来留夫さんだったが、ガッツさんによる持ちネタ「OK牧場!」の連呼や、「この映画は俺のね、現役時代のアレをね、彷彿させたね。彼ら(小出恵介らキャスト陣)のフットワークが」、「俺のディープインパクト(G1馬)みたいな筋肉美を見よ!」などの珍トークに押されっぱなし。

映画の感想をガッツさんが「こういう時代だからね、こういう映画でふんどしを締め直してガッツを出してもらいたいね」と熱く語ったところに、来留夫さんは「まさに友愛ですね」と持ちネタ(?)を炸裂。だが、すかさずガッツさんから「いや、この映画は全然違う、友愛ではないね。あきらめないで目標に向かうということだ」と反論され、「そうですね」と苦笑いで“主張”をくつがえしてしまった。

本作の内容にちなみ後半、スーツを脱いでランニング&ジョギングパンツ姿に早変わりした来留夫さんは、観客から「毛深い…」などと、ざわめくような反応を浴びて照れ気味。さらに、ジョギングパンツのサイズが合わないのか動くたびにパンツが上に上がって尻に食い込み、下半身の際どいショットを警戒し始めて何度もパンツを下ろす仕草を見せるなど、大汗。イベント終了後、「このパンツ、今日初めて履いたんですが、ちょっとサイズが…」と苦笑いだった。

この日のイベントにはほかに、お笑いコンビ・響も出席。来留夫さんら4人が劇中の小出さんらが所属する大学陸上部に入部志願するデモンストレーションを展開したが、主演の小出さんは「いや、いらないかも」、林遣都も「いやダメです」とキッパリ拒否。ガッツさんらの台本から脱線したアドリブ全開のやりとりに、苦笑いを連発していたが、最後は小出さんが「このメンバーで映画を撮り直します」と温情案を掲げ、来留夫さん以上に観客の笑いを誘っていた。

『風が強く吹いている』は10月31日(土)より全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top