パニック大作『2012』プレミアで子役女優のご愛嬌&欽ちゃんのギャグ爆発!?

最新ニュース

『2012』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『2012』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『2012』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『2012』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • あっというまに観客の心をつかんだモーガン photo:Yoko Saito
  • モーガン・リリー photo:Yoko Saito
  • エメリッヒ監督 photo:Yoko Saito
『インディペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督の最新作『2012』のジャパン・プレミアが11月17日(火)、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、冷たい雨が降る気温約9の中、子役女優のモーガン・リリーがキュートなルックス&トークで観客をホットにさせた。

同作は、2012年12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の終末説をモチーフに、天変地異の恐怖に立ち向かう人類の姿を描くディザスター・ムービー。エメリッヒ監督は「ローランド!」の大声援に笑顔で応えつつ「破壊のシーンがたくさんありますが、災害の中で家族がひとつになれるというメッセージもあります」と呼びかけた。初来日を果たした女優のアマンダ・ピートら総勢6人の来日メンバーが並ぶ中、主演のジョン・キューザックは「世界のプロモーションの最後に、いい形で日本にこのメンバーで揃って来ることができてよかった」と手を振った。

ひときわ歓声が大きくなったのは子役のモーガンのあいさつ直後。「ハァーイ! エブリバディ! 監督やみんなと日本に来られてとても幸せよ」と大声量&早口&ハイテンションのあいさつと、首をちょこんと曲げて見せるなど愛らしい仕草で、観客を大いに沸かせた。その後の、本作の内容にちなんだ「2012年12月21日に大切な人へ贈るメッセージカード」を読み上げ、タイムカプセルに収めるイベントでも、「私の家族は本当に素晴らしい! みんなが私の夢をサポートしてくれて、私の人生を豊かにしてくれる。とっても素敵な家族に恵まれて幸せよ! こんなところかしら」としっかりしたメッセージを語り、またまた観客を喜ばせ、拍手を浴びた。

プレミアには、映画のレッドカーペット・イベント初参加となるタレントの萩本欽一をはじめ、神田うの、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之、女子ソフトボール日本代表の上野由岐子投手が来場。萩本さんはメッセージカードに書いた、自身大好きという母親と息子のギャグ「『かーちゃん、僕のお弁当のおかず、どうして毎日梅干しなの?』『一応、梅干しの位置は変えているんだけどねぇ』」を披露し、来日メンバーを笑わせていた。

『2012』は11月21日(土)、丸の内ルーブルほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top