市原隼人と高良健吾が銭湯で裸で“あんな”ことを…? 意外な見どころに会場大興奮

最新ニュース

『ボックス!』完成披露試写会
  • 『ボックス!』完成披露試写会
  • 『ボックス!』完成披露試写会
  • 『ボックス!』完成披露試写会
高校ボクシングを題材にした青春映画『ボックス!』の完成披露試写会が4月21日(水)、ボクシングの“聖地”東京・後楽園ホールで開催され、主演の市原隼人、高良健吾らが舞台ならぬリング上で、集まった観客に向けて挨拶を行った。

リングアナのコールで市原さんらが登場すると、客席は大興奮! 天才ボクサー、カブを演じた市原さんは嬉しそうに「一生心に残る作品になりました。心から誇りを持っている作品です。100歳でも、1000歳になっても青春はあります!」と力強く呼びかけた。李闘士男監督も「市原隼人の代表作です!」と断言。カブの幼なじみで努力家のユウキに扮した高良さんも「この作品で、これまでの自分になかった芝居など、いろんなことを学びましたし、隼人さんを始めスタッフ、共演者のみなさんから刺激を受けました」と充実した表情を見せた。

何と言っても市原さん、高良さんらがボクシングに打ち込む姿が印象的な本作だが、当然、練習は相当ハードだったよう。「朝から8時間の撮影の途中で、気持ち悪くなってトイレ行って戻して、ということがありましたが、温かく待っててくれる仲間がいたから頑張れました」と市原さんが言えば、高良さんも「プロボクサーの方のボディ(ブロー)が入って吐きました」と明かしつつ、「市原さんがいることで現場に安心感がありました」と語った。

李監督はそんな2人について「イッチ(=市原さん)も高良くんも、『うまくできなくてすいません』と泣きながらスタッフのところに謝りに来たこともあった」と明かし、2人の作品に対する並々ならぬ思い、プロ根性を讃えた。

谷村美月、香椎由宇の女優陣も、彼らの熱意を現場で目の当たりにして感動したようで「市原さんを始め、男性陣がリアリティを追及したシーンが詰まってます」(谷村さん)、「みんなかっこよく映っています」(香椎さん)と自分の出演シーンそっちのけでボクシングシーンの魅力をアピールした。

お気に入りのシーンについてのトークでは、李監督は強権を発動し、俳優陣にそのシーンの会話の再現を要求! 高良さんは「やっぱりNo.1はカブちゃん」と言うセリフを照れつつも再現。谷村さんは、市原さんに向かって「カブくんはリングで輝いてる」と想いを伝えるセリフを観客の前で言ってみせ、客席からは大きな歓声がわき起こった。

ボクシング部のコーチ役を演じた筧利夫は、見どころを尋ねられ「市原と高良が、銭湯で真っ裸であんなことやこんなことをしています! これが絶妙な角度なんですが…スクリーンを少し下に引っ張ったら“見える”かもしれません(笑)」と観客の妄想をかき立て、喝采を浴びていた。

『ボックス!』は5月22日(土)より全国東宝系にて公開。

シネマカフェ撮影現場レポート特集
http://www.cinemacafe.net/special/filming_report
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top