最新作にして最終章『シュレック フォーエバー』公開が正式に決定! 最新画像も

最新ニュース

シュレック フォーエバー』 -(C) 2010 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
  • シュレック フォーエバー』 -(C) 2010 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
あの大ヒットアニメシリーズ『シュレック』の最新作にして最終章となる『シュレック フォーエバー』が3Dで製作され、12月に日本でも公開されることが決定! 先日よりニューヨークにて開催されている第9回トライベッカ映画祭で3Dアニメーション作品として初めてオープニングを飾った。

見かけは怖いが心は優しい“緑の怪物”を主人公にした本シリーズ。心温まる、そして随所にユーモアを取り入れた物語が支持を集め、シリーズ第1作はアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞し、2004年の第2作、2007年の第3作と立て続けにヒットを記録してきた。最終章となる今回の『シュレック フォーエバー』では、ドリームワークスが世界最高峰の技術を駆使し3Dアニメーションとして製作。シュレックは、長年にわたって王の座を狙っていたペテン師の魔法使いランプルスティルスキンから「1日だけ入れ替わろう」と持ちかけられ、罠に陥り「別世界」へ放り込まれてしまう。その世界では過去の記憶が抹消され、シュレックはフィオナ姫と恋に落ちることもなく、友達もいない孤独な生活を過ごすことになるのだが…。

声優陣はおなじみのメンバーが続投! シュレック役にマイク・マイヤーズ、ロバのドンキー役のエディ・マーフィ、フィオナ姫役のキャメロン・ディアス、長ぐつをはいた猫役のアントニオ・バンデラスなど最強メンバーが持ち味を存分に発揮している。

4月21日(現地時間)に行われた映画祭オープニングセレモニーではこの4人が映画祭主催者であるロバート・デ・ニーロらと共にレッドカーペットを歩いた。キャメロンは「10年間関わってきました。なので、これが最後になると思うととても感慨深いです」と惜別のコメント。マーフィは「みなさんから愛される作品に関われることができて嬉しい」、バンデラスは「この映画祭でオープニングを飾るのは『シュレック フォーエバー』だけでなくアニメ映画全体にとって新たな可能性を広げる機会になると思う」とそれぞれに喜びを語った。

これが最後、と思うと寂しい気持ちになるが、アニメーション作品でシリーズ4作目が作られること自体がかなり稀な例と言える。3Dとあって、関係者の期待も高く、シリーズ最大のヒット、全米のアニメーション歴代記録の更新を期待する声も! 全米では5月21日より公開となる。

果たしてシュレックは幸せ、フィオナとの愛を取り戻すことができるのか? 『シュレック フォーエバー』は12月18日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top