ファイル名がアナグラムに?舞城王太郎が編集の謎を呼ぶ『NECK』特別映像到着

最新ニュース

『NECK』 -(C) 2010『NECK』製作委員会
  • 『NECK』 -(C) 2010『NECK』製作委員会
覆面作家として活躍する舞城王太郎の原案を映画化した『NECK ネック』の“ファーストプロット”、つまり最初に書き上げられた物語を映像化した特別映像の一部が到着した。

本作はネック…すなわち“首”をモチーフに舞城さんが舞台、映画のために書き上げた物語で、舞台版は河原雅彦演出、溝端淳平主演ですでに上演され、好評を博した。舞台版とは異なる物語となっている映画版では、舞台版と同じく溝端さんが出演するほか、相武紗季、平岡祐太、栗山千明らがキャストに名を連ね、「お化けの製造」の研究にまつわる“胸キュンホラー”が展開する。

今回到着した映像は、舞城さんが書き上げたファーストプロットを基に、2008年に撮影されたテスト映像を、舞城さんの責任の下で編集したもの。首から下を地面に埋められた男たちが登場し、映画とは全く違ったやや暗めのテイストによる映像が映し出される。

映像ファイルは全部で18本あり、ここで紹介しているのは最初の3本。3本のファイルはそれぞれ「NECK_IS」、「NECK_SB」、「NECK_BN」という名前がついているが、残りの15本にも全て名前が付けられており、この18本の名前がアナグラムになっていて、並べ替えると作品に関わるある言葉が完成するという。

こちらの全ての映像は公式サイトで公開されるほか、8月10日(火)よりYouTubeでも公開される。

果たしてこの暗号にはどんな言葉が隠されているのか? そしてこの謎の映像の意味は?

劇場公開を前にますます謎が広がる『NECK ネック』。映画の公開は8月21日(土)よりシネマサンシャイン池袋、新宿バルト9ほか全国にて。

※こちらの特別映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top