錦戸亮のお手製プリンに子役・鈴木福「ウマーい!」

最新ニュース

『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『ちょんまげぷりん』に主演する錦戸亮、中村義洋監督が8月15日(日)、東京・新宿武蔵野館など関東6劇場で大ヒット御礼舞台挨拶を行った。

新宿武蔵野館では錦戸さんと監督のほか、共演のともさかりえ、子役の鈴木福の4人が揃って挨拶。先月31日(土)から全国34スクリーンで公開され、公開15日間で動員10万人を突破、興収1.4億円超えと、同公開規模では好成績を記録するなどヒット中。錦戸さんは「率直に嬉しいです。みなさんが観てくれるお陰で記録が作れていると思う」と感謝の弁。「何回も観ろ! って思ってますけど、何回も観たくなるような、好きな映画として愛していただければ嬉しい。錦戸亮は嫌いでいい、『ちょんまげぷりん』が好きならそれでいい、いまはそんな気持ちですわ」とユーモアたっぷりに語りかけ、女性ファンの笑いを誘った。

同作は江戸時代から現代の東京にタイムスリップしてきた侍・安兵衛(錦戸さん)が、シングルマザーのひろ子(ともさかさん)の家で家事を手伝いながら居候生活を送る姿を描く物語。

劇中、パティシエとしての腕を磨いていく役どころでプリン、ケーキなどを周囲に振る舞う錦戸さんは、前日に作ったというプリンをお披露目。福くんが試食役で、錦戸さんがスプーンで口に運ぶと、福くんは大きく口を開けてパクリ。モグモグと味わうと「ウマーい!」と絶叫。控室で先に試食したともさかさん、中村監督も揃って「美味しかった」。錦戸さんは「1回目、ミスってバニラエッセンスを入れるのを忘れて、全部作り直しました。2回目は15分くらいでできました」と照れ笑いで明かしていた。

一方、劇中で実際に使用した「お地蔵さま」を、同作のメイン上映劇場、恵比寿ガーデンシネマで一般公開中。そこにファンが書いて残した願いごとから、錦戸さんら4人が気になったものをひとつ選んで紹介。福くんは「『福ちゃんと錦戸がずっと仲良しでありますように』っていうのがあったんですが、僕は錦戸が大好きなので、錦戸が僕を忘れないよう、僕もがんばります」と友情の誓い。錦戸さんは嬉しそうに福くんの頭を撫でていた。
『ちょんまげぷりん』は恵比寿ガーデンシネマほか全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top