伊藤英明、撮影中も濱田岳を相手にお姫様抱っこの練習?

最新ニュース

『THE LAST MESSAGE 海猿』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『THE LAST MESSAGE 海猿』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『THE LAST MESSAGE 海猿』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『THE LAST MESSAGE 海猿』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『THE LAST MESSAGE 海猿』が9月18日(土)、初日を迎え、主演の伊藤英明、共演の佐藤隆太、加藤あいら主要キャスト陣と羽住英一郎監督9人が東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇1で舞台挨拶を行った。

同名人気漫画の劇場版第3弾で、父親となった主人公の潜水士・仙崎大輔が家族、仲間たちへの愛情、信頼を支えに、沈みつつある巨大海上プラントからの決死の脱出に挑む姿を描く物語。

満場の観客を前に、伊藤さんは「こんなに緊張するのは初めて。本当に胸がいっぱいで言葉になりませんが、公開が終わるまで終わった気がしない」と感慨深げ。本作で父親になった仙崎と同じく、プライベートで昨年結婚し、一児の父親となった佐藤さんは、司会のフジテレビ笠井信輔アナウンサーから仙崎への共感について尋ねられると、「僕だけプライベートな質問?」とビックリしつつも、「家族ができましたので、家族、子供がいるから恐怖を感じるという大輔さんの葛藤に、すごく共感できました」とパパの顔。独身の伊藤さんに「後輩なのに先にいっちゃってすみません…」とパパのトークを振ると、伊藤さんは「隆太、後でその話、聞くよ。今は映画の話で」とサラリと交わした。

また、仙崎とともにプラントに取り残される役どころの濱田岳は、撮影をふり返り「英明さんの膝の上に座ったり、移動のときにはお姫様抱っこをしてもらいました」と告白。

笠井アナからリクエストされ、伊藤さんは実際に濱田さんをお姫様抱っこするサービスをして「今回の撮影って、隆太も撮影の3分の1くらいで終わっちゃたし、(妻役の)あいちゃんとも会わなかったので。あいちゃんと会わない分、いつ何時、お姫様抱っこするときがきてもいいように、トレーニングしていました」。現場でのやんちゃぶりをうかがわせ、共演陣と観客を笑わせていた。

ほかに新米潜水士役の三浦翔平らが出席。伊藤さんらはこの日、同所を皮切りに関東地区10か所の劇場を回る舞台挨拶を敢行した。

『THE LAST MESSAGE 海猿』は全国東宝系にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top