ドリュー・バリモア監督のPVにクロエ・モレッツが出演 類まれな才能を激賞!

最新ニュース

2月、『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』のプレミアに登場したクロエ -(C) AP/AFLO
  • 2月、『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』のプレミアに登場したクロエ -(C) AP/AFLO
ドリュー・バリモアがロサンゼルスのバンド「Best Coast」のPVを監督。PVに出演した『キック・アス』、『モールス』のクロエ・グレース・モレッツを絶賛している。

今夏来日し、フジロックにも出演したBest Coastの「Our Deal」のPV監督を依頼されたドリューは、クロエを念頭に脚本を執筆したという。「幸運なことにクロエは出演をOKしてくれたの」と語るドリューはこのPVを、様々なストーリーを描きながらも個人的なものにしたかったと語る。クロエともう1人の出演者、ミランダ・コスグローヴ(『スクール・オブ・ロック』)について「彼女たちと自分に共通する何かを感じた」と言う。

出世作である『キック・アス』のヒット・ガールから一転、スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド版『モールス』で憂いを帯びた少女を見事に演じ切ったクロエはまだ14歳ながら卓越した演技力を披露している。

ドリューも彼女の才能に魅了されたひとり。「私は本物の笑顔や泣き顔が好き。俳優が無理やり涙を流しているかどうかは見ればわかる。でも、クロエは本当に役になりきるのよ。自分の感情をそこまで追い込むことができる。彼女を撮りながら、隣で私も一緒に泣き続けていたわ。すごい、これこそ私が望んでいたものだって思いながら」と興奮気味にその魅力を語った。

© AP/AFLO
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top