ジョニー・デップ体調不良? 新作プレミア会場のレッドカーペットでふらつく

最新ニュース

25日、『The Rum Diary』のN.Y.プレミアにて -(C) Photoshot/AFLO
  • 25日、『The Rum Diary』のN.Y.プレミアにて -(C) Photoshot/AFLO
ジョニー・デップが25日、最新主演作『The Rum Diary』(原題)のニューヨーク・プレミアに出席したが、会場のニューヨーク近代美術館(MoMa)に到着した彼は足元がふらつき、ボディガードに抱えられたままレッドカーペットを歩いた。

映画でジョニーはアルコール漬けで“ゴンゾー・ジャーナリスト”の異名で知られるハンター・S・トンプソンを演じている。いまは亡きトンプソンはジョニーの親友でもあったことから、ジョニーがトンプソンの物真似をしているかと思われていたが、そんな余裕もないほどふらふらの状態だったという。

ボディガードの1人はジョニーが車から降りるのに手を貸し、詰めかけたファンたちの前まで抱えるようにして連れていった。現場にいたファンは「WENN.com」の取材に「ジョニーはすごく疲れている様子でした。ボディガードはずっと脇でジョニーを支えていました。車から降ろし、ファンたちの前に連れていくと、サインするためのペンを手渡していました」と話している。

ファンサービスが一段落すると、今度は「待ち受けるカメラの放列の前にジョニーを立たせ、写真撮影が終わると、劇場に入るまでずっと彼を支えていました。「ジョニーはボディガードの介助なしに長い間立っていることはできそうにないようでした」と前述の目撃者は語った。

だが、ジョニーは終始上機嫌で、ボディガードと歩くレッドカーペット上でも笑顔を絶やさなかった。体調不良の原因について、WENNはジョニーの代理人に問い合わせたが、回答はなかったという。テキサス州オースティンの映画祭出席やTVトーク番組出演など、多忙な日々が続いて疲れがたまっているのかも。どうぞお大事に。



© Photoshot/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top