ジョニー・デップ、オースティン国際映画祭で俳優賞を受賞

最新ニュース

13日、『The Rhum Diary』のL.A.プレミアに出席したジョニー -(C) AP/AFLO
  • 13日、『The Rhum Diary』のL.A.プレミアに出席したジョニー -(C) AP/AFLO
最新主演作『ランゴ』が日本公開初日を迎えた22日、ジョニー・デップはテキサス州・オースティンにいた。開催中のオースティン国際映画祭で、俳優としての映画への貢献を高く評価する賞「Extraordinary Contribution to Film- Acting Award」に輝いた。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを始め、大ヒット作に主演し、正真正銘のハリウッドのAリストのスターとなったジョニーだが、スピーチでは「僕のキャリアは20年間失敗の連続でしたから」と受賞の驚きと悦びを謙虚に語った。ジョニーは最優秀脚本賞のプレゼンターも務め、『シザーハンズ』('90)、『ティム・バートンのコープスブライド』('05)の脚本を手がけたキャロライン・トンプソンに授賞した。

前日には最新主演作『The Rhum Diary』(原題)が上映され、ブルース・ロビンソン監督と共に登壇、観客とのQ&Aセッションを行った。ジョニーにとっては『ラスベガスをやっつけろ』('98)に続いて、原作者であるハンター・S・トンプソンをモデルとしたキャラクターを演じるのは二度目。リラックスした調子でトンプソンとの思い出話を聴衆に語ったジョニーは「彼がいないことを毎日毎晩、寂しく思っているよ」と結んだ。



© AP/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top