チャン・グンソク、「少女時代」ユナとのチューに「ドキドキした」

最新ニュース

韓流ドラマ「ラブレイン」チャン・グンソク&ユナ(少女時代)来日会見
  • 韓流ドラマ「ラブレイン」チャン・グンソク&ユナ(少女時代)来日会見
  • 韓流ドラマ「ラブレイン」チャン・グンソク&ユナ(少女時代)来日会見
  • 韓流ドラマ「ラブレイン」チャン・グンソク&ユナ(少女時代)来日会見
  • 韓流ドラマ「ラブレイン」チャン・グンソク&ユナ(少女時代)来日会見
  • 韓流ドラマ「ラブレイン」チャン・グンソク&ユナ(少女時代)来日会見
  • 韓流ドラマ「ラブレイン」チャン・グンソク&ユナ(少女時代)来日会見
  • 韓流ドラマ「ラブレイン」チャン・グンソク&ユナ(少女時代)来日会見
  • 韓流ドラマ「ラブレイン」チャン・グンソク&ユナ(少女時代)来日会見
韓流ドラマ「ラブレイン」の地上波初放送を記念して主演のチャン・グンソクと「少女時代」のユナが揃って来日。7月24日(火)、都内で行われた会見に出席した。

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督による本作。1970年代に出会い、互いに惹かれ合うも別れるイナとユニだったが2012年に再会。それぞれの息子と娘をも巻き込んで運命の愛が動き出す…。

グンソクとユナは共に、70年代のイナとユニ、そして現代のジュンとハナという2役に挑戦しているが、グンソクは「純粋な心を持ってるイナとは似ている部分があるから演じやすかったけど、ジュンはプレイボーイでキスシーンまであるし難しかった(笑)」と語る。

ユナは「最初は70年代の方が経験がない分、難しいと心配してましたが、始まると小道具や風景に助けられて演じることができました。逆に現代のハナは自分と似ているところがあるだけに、自然に演じられているかどうか心配になりました。でも2役に挑戦できて意味深い作品になったと思います」と充実した表情で語った。

70年代と現代、どちらで暮らしたいか? という質問に「選べるなら70年代に戻りたい」とグンソク。「70年代という時代は、声を聞きたい、会いたいと思っても携帯電話もないので手紙を書いたり雨の中を相手の家の前で待ち続けたり、現代よりも純粋な時代だったと思う。両親が生きた70年代に戻って初恋をしたら、美しい記憶を心に留められるのではないかと思います」と、女性ファンなら胸キュン必至の心の内を明かす。

ユナも「いまの時代の恋愛の速度はすごく早い。積極的ですぐに告白しますよね。でも70年代はあまり積極的でなく、待ったり耐えたり、自分の気持ちを隠したりということが多い。その分、切実で濃い恋愛ができそうな気がします」とうなずいた。

印象に残っているシーンとしてグンソクが挙げたのは、「小さなソファの上で、ユナとチューしたシーン(笑)」。「演じながらドキドキしてましたが、撮影が終わるとドキドキも終わって、そのまま家に帰りました」と残念そうに(?)語り笑いを誘った。

ユナは最終話の結末に関わるシーンについて語りそうになり、グンソクから「秘密だよ〜!」とすかさず突っ込まれ、慌てて人差し指を口許にやり「秘密よ」と微笑んだ。

ちなみに本作は2月から3月にかけての極寒の北海道でも撮影が行われた。「実は子供の頃から寒いのが大の苦手」というグンソクは、「正直、死ぬかと思った」と思い出すのも辛そう。それでも「札幌の夜は長いですね(笑)」と語るなど、しっかり北海道を堪能したよう。ユナも「ラーメンを食べたり、たくさんおいしいものを食べました」と笑顔でふり返った。

ドラマ「ラブレイン」はフジテレビ韓流αにて7月25日(水)より放送。

公式サイト:「ラブレイン」
loverain.jp/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top