シネマカフェ的海外ドラマvol.250 「ホワイトカラー」N.Y.現場レポート 第1回

最新ニュース

「ホワイトカラー」 -(C) PATRICK HARBRON
  • 「ホワイトカラー」 -(C) PATRICK HARBRON
  • 「ホワイトカラー」 -(C) PATRICK HARBRON
  • 「ホワイトカラー」 -(C) PATRICK HARBRON
  • 「ホワイトカラー」 -(C) 2009-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 「ホワイトカラー」 -(C) 2009-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 「ホワイトカラー」 -(C) 2009-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 「ホワイトカラー」 -(C) 2009-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 「ホワイトカラー」 -(C) 2009-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
天才詐欺師ニール・キャフリーとFBI捜査官ピーター・バークがコンビを組み、様々な知的犯罪に挑む「ホワイトカラー」。全米はもちろん、日本でも高い人気を誇るシリーズの魅力を探るべく、ニューヨークの撮影現場にお邪魔してきました。まずは、ロケ先で突撃した主演俳優マット・ボマーのインタビューからお届けします!

現在、全米ではシーズン4が絶賛放送中。マットたちもシーズン4の撮影に励んでいるところなのですが、その合間を縫って現れたマットは頭のてっぺんから足の先までニール・キャフリー! 「このスーツはカスタムメイドなんだ。物語の設定上、ニールの着る服はレトロなものが多いけど、本当のヴィンテージはウールで作られていることが多くて重いし、いまみたいな夏は暑いから(笑)、カスタムメイドが一番」という高級スーツの着こなしも完璧で、素敵な香りも…。登場と同時に場が一気に華やぎました。

そんなマットが演じているだけに、ニールの魅力もシーズンを重ねるにごとにグレードアップ。FBI捜査官と元犯罪者の立場を超えて固い絆で結ばれるピーターはもちろん、街でニールを目にした女性たちの表情からもそれが分かります。ここまでニールがチャーミングでセクシーなのは、日々の研究の賜物?
「セクシーさや魅力をそこまで強く意識して彼を演じたことはないけれど、とにかくありがとう(笑)。ニールを演じるにあたっては、無理のない自信を身につけている人がインスピレーションになっているんだ。ケイリー・グラント(『愛のアルバム』)のようにね。適度にジョークを言えて、プレッシャーを感じるときでもクールに振る舞える人。それがセクシーに見えたとしたら、僕自身がそういった人に魅力を感じているからだろうね。自信があって自分に正直でいられる人、自分らしさを大切にできる人、そしてバランスの取れた人格者ほど僕は魅力的だと思う」。

話し終えるたびにニコッと微笑む姿がやはりチャーミング。その圧倒的な“人心掌握術”は、誰からも愛されるニールを演じて磨きがかかったもの?
「確かに、ニールは手に入れたい物を手にするためのテクニックをたくさん知っているよね(笑)。そんな彼を1年に5か月半、1日12〜15時間も演じているのだから、僕自身も無意識に彼の影響を受けているんじゃないかな。自分と役の境界線があやふやになってくるんだ。実際、笑顔はもちろん、お世辞、相手に尊敬の念を示す方法まで、欲しい物を手に入れるためだったら何もかも利用していいと思わせてくれるキャラクターを演じるのは楽しいものだよ。一番の楽しみかもしれないね(笑)。それに、僕はニールが完璧に善良な人間になっていくのは見たくない。いつだってどこかに悪い部分を少しでも残しておいてほしいんだ。だから、ニールがピーターに再び捕まるようなことをする…なんて展開にも惹かれるんだよね」。

「ニールがピーターにもう一度捕まる」かどうかはさて置き、ある出来事をきっかけに、誰の目にも仲良しコンビだったニール&ピーターが微妙な関係に陥ってしまうのもシーズン3の見どころ。ただし、演じるマットとピーター役のティム・ディケイは相変わらず「親が『ご飯よ〜』と呼びに来ても、一緒に遊び続けている子供みたいなもの」だそう。実は、今回第15話でティムが監督を務めているのですが、その関係はティムが監督を務めた後も変わらなかったようです。
「彼は相当厳しかったよ。ティムは全員に対して本当に辛辣で、死ぬほどしごいてくるんだ。…なんてことはもちろんなく(笑)、彼は最高の監督だった。実は、僕もいつか監督業に挑戦したいと思っているんだけど、やるからにはしっかりやりたい。そのためにいま、南カリフォルニア大学の映画芸術学部で勉強しているところなんだ。監督をするときは専門スタッフの力に頼り切るのではなく、プロらしく監督したいからね」。

スティーヴン・ソダーバーグの下、男性ストリッパーを演じた映画『Magic Mike』(原題)の全米大ヒットも記憶に新しい中、ドラマ、映画、舞台と精力的に活躍し続けるマットのこと。近い将来に監督デビューも期待できそうです!

次回はピーター役のティム・ディケイとモジー役のウィリー・ガーソンが登場します。



「ホワイトカラー シーズン3」DVDコレクターズBOX
価格:13,440円
発売中 ※9月5日(水)レンタル開始
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
公式サイト:http://video.foxjapan.com/tv/whitecollar/

「ホワイトカラー」シーズン1〜3 全46話一挙放送!
AXNミステリーにて放送

シーズン1:10月13日(土)10:00〜23:00【字幕版】
シーズン2:10月20日(土)10:00〜24:00【字幕版】
シーズン3:10月27日(土)10:00〜24:00【字幕版】
公式サイト:http://mystery.co.jp/program/white_collar/

© PATRICK HARBRON
© 2009-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top