『るろうに剣心』、映画の本場・ロサンゼルスでも上映決定!

最新ニュース

『るろうに剣心』 -(C) 和月伸宏/集英社 -(C) 2012「るろうに剣心」製作委員会
  • 『るろうに剣心』 -(C) 和月伸宏/集英社 -(C) 2012「るろうに剣心」製作委員会
今年で2回目の開催となるロサンゼルスの日本映画祭「LA EigaFest2012」。12月14日から16日(現地時間)にかけてハリウッド・エジプシャン・シアターにて開催される日本映画に特化したこの映画祭で、『るろうに剣心』が北米プレミアとしてオープニング上映されることが決定!

「週刊少年ジャンプ」で連載されて以来、いまなお多くのファンを熱くさせる人気漫画の待望の実写化。佐藤さん扮するかつて“人斬り”として歴史の闇で暗躍した男・緋村剣心が、明治の時代に「不殺(ころさず)」を誓い、新しい世を生き抜く姿を描く。第17回釜山国際映画祭では、招待作品枠「オープンシネマ」で上映され、見事海外進出を果たした本作だが、今回上映が決定した「LA EigaFest2012」は一般アメリカ人に日本の映画や文化を浸透させ、日米の相互理解を深めることをミッションとしているNPO法人「Japan Film Society」が主催する最大のイベント。今回は大友啓史監督が同映画祭に出席し、記者会見、レッドカーペットイベント、オープニングセレモニーに登場、さらにファンの前に姿を現す予定となっている。

日本でも大ヒットを記録した『テルマエ・ロマエ』を始め、『ヘルタースケルター』『桐島、部活やめるってよ』『おおかみこどもの雨と雪』のほか、来月2日(金)に公開を迎える『のぼうの城』、2013年公開の『らくごえいが』など話題作の上映がすでに決定している本映画祭。「MANGA」などいくつもの日本語が特定の日本文化を意味する英語として使用されるようになっている昨今だが、「EIGA」が、“日本映画”を意味する世界共通語となる日も近いかもしれない。

「LA EigaFest2012」
開催期間:12月14日〜16日(現地時間)
公式サイト:http://www.laeigafest.com/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top