竹内結子、『ストロベリーナイト』映画化の“寂しさ”を吐露

最新ニュース

『ストロベリーナイト』完成披露試写会
  • 『ストロベリーナイト』完成披露試写会
  • 『ストロベリーナイト』完成披露試写会(竹内結子)
  • 『ストロベリーナイト』完成披露試写会(大沢たかお)
スペシャルドラマ、連続ドラマと人気を博し、待望の映画化となった『ストロベリーナイト』の完成披露試写会が12月6日(木)に都内で開催され、主演の竹内結子を始め、大沢たかお、宇梶剛士、丸山隆平(関ジャニ∞)、津川雅彦、渡辺いっけい、遠藤憲一、高嶋政宏、武田鉄矢、佐藤祐市監督が出席。竹内さんは本作、そして数年にわたって演じてきた姫川玲子への強い思いを口にした。

シリーズ累計240万部を超える誉田哲也の人気ミステリー小説を実写化。今回の劇場版では原作ファンの中でも傑作と名高い「インビジブルレイン」を原作に、9年前に起きたある事件に関連した連続殺人事件の謎を姫川班が追いかける。

竹内さんは、劇場版の完成を喜びつつも「公開になったら終わっちゃうんですか? という寂しさがあります」と複雑な思いを吐露する。事件はもちろんのこと、西島秀俊演じる最も信頼を置く部下・菊田との恋愛の行方も気になるところだが、満員の観客を前に「映画を観る前のお客さんでよかったなと思います。私へのクレームはお手柔らかにお願いします」と意味深なコメント。残念ながら西島さんは仕事のため欠席となったが、「何故いない!?」とおかんむりの表情で客席の笑いを誘っていた。

大沢さんは劇場版からの参加となったが「大好きなスペシャルドラマ、連続ドラマだった作品に参加できて嬉しいです」と喜びを語る。暴力団の幹部として姫川と対峙するだけあって、竹内さんとの共演の感想は「目つきが怖い(苦笑)!」。竹内さんは困ったように「素の大沢さんが嫌いというわけじゃないですよ(笑)」と釈明した。

連ドラに続いて姫川班の巡査長・湯田を演じた丸山さんは、観客へのお披露目を前に「ここでみなさんがどんな顔して見るのかジッと見つめたい気持ち。ワクワクしています」と反応が気になる様子。湯田は素の自分と似ている部分も多いようで「結構近いです。連ドラでもホシ(犯人)を挙げるとこはなくて、(事件について)推理しても相手にされないところあるけど、僕も(関ジャニの)グループ内で提案しても『それは違うよ』って言われるので…(苦笑)」と自虐的に語り客席は笑いに包まれた。

スペシャルドラマのときから姫川を支えてきた監察医・國奥役の津川さんは、國奥の姫川への愛情あふれるスタンスについて「言い寄るオヤジのようですね。だんだんエスカレートしてる」と言いつつ、撮影外での竹内さんとの関係について問われると「撮影以外の時間こそ愛してますよ! 僕は結子ちゃんのファンで片想いしてます」と年の差を超えて愛の告白! すると遠藤さんも「僕も竹内さんの大ファン」と負けじと告白。ただ、ライバル関係にある別の班の警部補という役柄のせいで「いつも悪態をつかれて寂しかった」と苦笑を浮かべていた。

また、姫川の天敵の警部補“ガンテツ”こと勝俣役の武田さんは、この役を「ダークサイド」と言い切る。長年にわたって演じた金八先生とのギャップについて問われると「金八先生は不変の人。『人間は変わらない、素晴らしいものを持っている』というタイプ。ガンテツは『人間ほど信じられないものはない』という人間で、サニーサイド(金八先生)とダークサイド(ガンテツ)を両方演じる楽しみを感じていました」と充実した表情で明かした。

メガホンをとった佐藤監督は「3年ほど前からこの作品に携わってきて、『いつか連ドラに。いつかスクリーンに』と言ってたのでゾクゾクしています」と感激を口にした。

最後に改めてマイクを握った竹内さんは「これで最後と思ったら、いい宣伝文句が出てこない…」と寂しそうに語り、改めて本作への強い思いをうかがわせた。

『ストロベリーナイト』は2013年1月26日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top