“ツマ”宮崎あおい、夫婦役で初共演した“ムコ”向井理と「ぬる〜っとお芝居」

最新ニュース

『きいろいゾウ』完成披露試写会(宮﨑あおい、向井理、柄本明、松原智恵子、濱田龍臣、浅見姫香)
  • 『きいろいゾウ』完成披露試写会(宮﨑あおい、向井理、柄本明、松原智恵子、濱田龍臣、浅見姫香)
  • 『きいろいゾウ』完成披露試写会
  • 『きいろいゾウ』完成披露試写会(宮﨑あおい)
  • 『きいろいゾウ』完成披露試写会(向井理)
  • 『きいろいゾウ』完成披露試写会(宮﨑あおい、向井理)
  • 『きいろいゾウ』完成披露試写会(濱田龍臣、浅見姫香)
  • 『きいろいゾウ』完成披露試写会(柄本明、松原智恵子)
宮崎あおいと向井理が12月11日(火)、夫婦役で初共演した『きいろいゾウ』の完成披露試写会を東京・新宿ピカデリーで行った。本作は西加奈子の同名小説を原作に、互いの秘密を知らないまま出会ってすぐに結婚し、片田舎の町に移り住んできた、天真爛漫な“ツマ”と売れない小説家の“ムコ”の夫婦の温かな日常が、一通の手紙をきっかけに少しずつズレていくさまを描いている。

もともと宮﨑さんは原作の大ファンで、同名原作の帯コメントに「いつか、この小説の『ツマ』役を演じてみたいです」とメッセージを寄せたほど。それだけに「私のところに、“きいろいゾウ”が来てくれた。そんな気持ちで、とても嬉しく光栄でした。原作が大好きという根っこの部分を大切に、フラットな気持ちで演じた」と思いもひとしお。

片や向井さんも、原作をおすすめの一冊として雑誌で紹介したことがあり「ファンタジーな世界観と、人間が向き合う生々しさが不思議なバランスを生み出している」とその魅力を語った。本人曰く「ムコと自分では、ビジュアル的なイメージが違う」と言い、「だから、ムコの器の大きな内面を醸し出せればと思いました」と役柄へのアプローチをふり返った。

気になるのは、そんな2人がいかに夫婦の空気感を生み出したか? その答えを宮﨑さんは「それが自然と2人の距離感が生まれて、ぬる〜っとお芝居して、ぬる〜っとカットがかかる感じ(笑)。温度差があまり変わらず居心地が良かった」、向井さんは「宮﨑さんは芯が強くて、まっすぐな方。ツマとオーバーラップする部分が大きくて、変な気遣いをせずに済んだ」と明かしてくれた。一緒になるべくして、一緒になった。そんなナチュラルな共演風景を垣間見せていた。完成披露試写会には宮﨑さんと向井さんを始め、共演する濱田龍臣、浅見姫香、柄本明、松原智恵子、西加奈子(原作者)、廣木隆一監督が出席した。

『きいろいゾウ』は2013年2月2日(土)から、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top