『踊る』超え、『海猿』も射程圏内? 『ONE PIECE FILM Z』60億円突破!

最新ニュース

『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』 -(C) 尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会
  • 『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』 -(C) 尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会
昨年12月15日(土)に封切られた、尾田栄一郎による大人気漫画「ONE PIECE」の劇場版最新作『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』が4週目となる1月14日(月・祝)時点で、興行収入60億を突破したことがこのたび明らかとなった。

劇場版シリーズでは初めて“新世界”編に突入し、全海賊抹殺を企む首謀者にして伝説の元海軍大将・ゼットとモンキー・D・ルフィ率いる麦わら海賊団の壮絶なバトルが繰り広げられる。

現在の興行成績は60億8,287万1,000円(1月15日時点)、観客動員数504万1,232人を突破し、『テルマエ・ロマエ』(2012年4月28日公開/興収59.8億円)、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(2012年9月7日/興収59億)を超え、2012年邦画No.1映画『BRAVE HEARTS 海猿』(2012年7月公開/興収73.3億)に迫る勢いの大躍進を見せている。

さらに台湾(1月25日公開)、シンガポール(2月1日公開)、香港(2月14日公開)、タイ(近日公開予定)、韓国(近日公開予定)と5か国からのオファーもきており、世界での興行も前作の『ONE PIECE film STRONG WORLD』を超える勢いが期待できそうだ。この大ヒットに東映アニメ―ションの海外ライセンス事業部長の東氏は、「日本での興行成績が大変好調です。この勢いをそのままにアジアだけでなく欧州、米州と全世界への大航海を大公開へ繋げていきたい」と次のステージへと進む覚悟を改めて語った。

世界を目標に更なる大航海を始めた『ONE PIECE FILM Z』。次は一体、どんな新記録を打ち立て私たちを驚かせてくれるのだろうか?

『ONE PIECE FILM Z』は全国にて公開中。

(C) 尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top