【妄想ガールフレンド】「ゴシップガール」セリーナ:街を一緒に歩きたい最強のアゲマン

最新ニュース

「ゴシップガール」-(c) Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 「ゴシップガール」-(c) Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 「ゴシップガール」-(c) Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 「ゴシップガール」-(c) Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 「ゴシップガール」-(c) Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 「ゴシップガール」-(c) Warner Bros. Entertainment Inc.
“ヤング版「セックス・アンド・ザ・シティ」”と呼ばれ、世界中に旋風を巻き起こした「ゴシップガール」。ブレイク・ライブリーは本作でファッションアイコンになるほど上り詰めました。そんな彼女が演じる主人公・セリーナは、作中でもパーフェクトな美人として描かれています。

「シーズン1」で恋人だったダン。その後、お互い別の人とお付き合いしたり、家族同士の関係が複雑になったり、いい感じに戻ったりしますが、彼はニューヨークの比較的平凡な家庭で育った好青年。彼と付き合うことでパーティー狂だった昔の自分から、どんどん真面目ないい子になっていく様子は好感が持てます。

セレブな街で、ヒエラルキーのトップにいるにもかかわらず、平凡な男と付き合うセリーナ。そういうところに、男性は惹かれます。高嶺の花は、全く自分に振り向いてくれないですが、セリーナは別。手が届かないと思わせないところも、モテる一因でしょう。

こんな女性と付き合えたら、街を一緒に歩きたいし、友達にも自慢したい。釣り合うように、自分磨きをするし、彼女もそれを応援してくれるでしょう。

「シーズン4」のあるエピソードで、セリーナは大学教授のコリンに恋してしまいます。学期が終わるまでプラトニックな関係を守るために必死に我慢する可愛らしい一面を見せてくれます。

昔の恋人・ダンから「コリンが君に本気なら、教授の職を捨ててでも君を取るはずだ」と言われ、別れを決意。最後の最後には冷静な判断ができる芯の通った女性なのです。

一方で負けん気が強く、思い通りに行かないとむしゃくしゃしてしまうときがあります。自分が周りを見えていないことに薄々気づいているのですが、制御できないこともしばしば。ふとしたきっかけでハメをはずしてしまったり、危ない道に入りこんでしまったりも…。

しかし、根は人付き合いに真面目で、正義感も強い女性です。不器用で何を伝えればいいか、深く考えるところも、家族を大事にするところも素晴らしい。いつも前向きで成長しようとしている彼女と一緒なら、自分もポジティブに頑張ろうと思えます。

なのであなたはセリーナからたくさん学びましょう!

いかがでしたでしょうか?

みなさんも、海外ドラマのヒロインを分析してみましょう!


「ゴシップガール」シーズン5
海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて4月より独占放送開始。

(C) Warner Bros. Entertainment Inc.
《text:Tokio Shiratake》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top