エマ・ワトソン、リメイク版『シンデレラ』への出演交渉入り

最新ニュース

エマ・ワトソン
  • エマ・ワトソン
エマ・ワトソンが、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作のリメイク版『シンデレラ』への出演交渉に入ったようだ。

エマと『ハリー・ポッター』シリーズで共演した経験もあるケネス・ブラナーが監督を務める予定で、ケイト・ブランシェットが意地悪な継母・トレメイン夫人を演じることが決まっている。しかし肝心のシンデレラ役には以前から、『つぐない』のシアーシャ・ローナンや『アンナ・カレーニナ』のアリシア・ヴィカンダー、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のガブリエラ・ワイルド、『Need for Speed』(原題)のイモージェン・プーツらの若手女優陣も候補に挙がっていたが、未だに決まっていない状況が続いており、ディズニー側はキャスティングに関するコメントを控えている。

一方、エマが『ハリー・ポッター』シリーズで共演したダニエル・ラドクリフは最近、20世紀フォックス製作の新作『Frankenstein』(原題)でフランケンシュタイン博士のせむし男の助手・イゴール役を演じる予定だと伝えられているほか、ルパート・グリントは米CBS局のシットコム「スーパー・クライド」に出演すると報じられている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top