オダギリジョーが語る“仕事論” 「楽しく生きていければ何でもいい」

最新ニュース

オダギリジョーが語る“仕事論” 「楽しく生きていければ何でもいい」
  • オダギリジョーが語る“仕事論” 「楽しく生きていければ何でもいい」
  • オダギリジョーが語る“仕事論” 「楽しく生きていければ何でもいい」
  • オダギリジョーが語る“仕事論” 「楽しく生きていければ何でもいい」
  • ドラマ「午前3時の無法地帯」 -(C) ねむようこ/祥伝社/BeeTV
  • ドラマ「午前3時の無法地帯」 -(C) ねむようこ/祥伝社/BeeTV
人気急上昇中の若手女優・本田翼、そしてオダギリジョーをキャストに迎えた人気コミック原作のドラマ作品「午前3時の無法地帯」。「楽しく生きていければいいかなぁと思いますね。いまは(笑)」と落ち着いた口調で語るオダギリジョーさんは、本田さん演じる主人公・七瀬ももこを優しく見守る男・多賀谷を演じた。3月20日(水)よりdビデオ&BeeTVにて独占配信スタートとなるその前に、オダギリジョーさんに撮影当時について、そして自身の“仕事観”についてたっぷりと語ってもらった。

実体験を基にしたエピソードとポップでキュートな絵柄が女性読者から大きな支持を集めた、2008年から「FEEL YOUNG」(祥伝社刊)で連載されていた人気コミックの実写化となる本作。主人公・ももこはイラストレーター志望でデザイン会社勤務。朝も夜も関係なく、フル稼働する仕事に崩壊寸前となってしまうももこの前に現れるのが、“オトナの男”多賀谷だ。オダギリジョーさん自身、「原作のイメージを壊さないように気をつけた」と語るが、多賀谷の包み込むような優しさは、画面を飛び越えてこちらに伝わってくる。

その代表的なシーンとも言えるのが、ももこの髪をシャンプーしてあげる場面。女子ならばキュンキュンしてしまうこと必至のシーンだが、そんなシーンに仕上がっているのにはこの回の監督を務めた今泉力哉監督からの“秘密の指示”が関係していたようだ。
「ももこの髪を洗いながら『可愛いね』って言っているシーンなんですが、実は、本番直前に今泉さんが、『可愛いね、って言って下さい』って、僕だけに聞こえるように耳元で指示されたんです。ただ周りからすると、僕の勝手なアドリブに見えるじゃないですか。そんな“ファンタジーさ”を、影で操られたんですが、こっちとしては恥ずかしい目に遭わされましたね(笑)」。その監督による演出が、ももこと多賀谷の間の微妙な距離感をよりリアルに表現する見事なスパイスとなっている。

本作のテーマの一つでもある「仕事」は一日のうちの、そして人生の大半を占めるといっても過言ではない。誰だって一度は、「私、なんでここにいるんだろう?」と立ち止まり、自問自答した覚えがあるだろう。俳優という「仕事」に就く、オダギリさんが迷い、立ち止ったことはあるのだろうか。

「20代のときとか、“自分はこういう俳優であるべきだ”っていうすごく固い思いが、視野を狭めていた部分が多かったと思うんですね。でも最近は歳をとったせいか、そんな事はどうでもいいなと思うようになってきました」と落ち着いた口調で自身の考える「仕事」への姿勢について語る。「俳優とか映画とか、そういう自分がいままで人生を捧げてきたもの以外にも、面白いことがたくさんあると思うんですよ、世の中には。だから、もう30歳半ばで言うことじゃないかもしれないんですけど(笑)、自分が楽しいと思うことがどれだけできてるかっていう事の方が人生には大事な気がしていますね」。

そして、だからこそ現代の若者に物足りなさを感じることもあると続ける。「安定を求め過ぎて、思い切った一歩を踏み出せないように見えてしまうんですよね。閉塞感が漂う時代だからこそ、飛び出しちゃえば良いのになぁと感じますね」。

さらに、自身の仕事観についてこうも語る。「僕自身は、楽しく生きていければ何でもいいかなぁと思ってます。自分がそこで不安を抱いてるんだったら、何かしらその不安を解消するべく、動くべきだと思いますが。もし、楽しいものがいくつかあるんであれば、そこだけに目を向ければいいんじゃないかと思います。楽しい事もできないのは、つまらないじゃないですか。確かに僕の年齢で普通の会社に入ってたら、もう課長クラスですもんね、きっと。ヘタしたら部長ですよ。ちゃんと責任ある立派な人生を送られてるんでしょうけど、ただそこと比べてもしょうがないですからね(笑)。自分を受け入れて楽しく生きるべきでしょう(笑)」。

このオダギリさんの少し肩の力を抜きつつ、しかし真摯に仕事と向き合う姿勢が本作に登場する多賀谷の包容力にも通じている部分なのかもしれない。

ももこは、もう頑張らなくていいよと見ている側が声をかけてしまいたくなるくらい頑張っている女性。日本の女性の多くが、いま悩みを抱えながらも恋に仕事にと一生懸命に向かい合っている。そんな女性の姿を見て、オダギリジョーさんはどう思うのか? 最後に尋ねてみた。
「女性の方が、根性ありますよね。実際、女性の方が頼れるし、仕事にしても男性よりもできる気がする。ただ女性は、無理しがちっていうのもありますからねぇ。疲れない程度にやって頂ければと思います」。

がむしゃらに仕事に向き合いがちな現代人。オダギリジョーさんの言うように、少し、歩みを止めて自身の“本当にやりたいこと”を見つめる時間も必要なのかもしれない。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top