亀梨和也、初の映画祭で興奮! 『俺俺』ワールドプレミア開催、イタリアでも大反響!

最新ニュース

「第15回ウディネ・ファーイースト映画祭」に参加する三木聡監督
  • 「第15回ウディネ・ファーイースト映画祭」に参加する三木聡監督
  • 「第15回ウディネ・ファーイースト映画祭」に参加する三木聡監督
  • 『俺俺』上映チケットに並ぶお客さん
  • 「第15回ウディネ・ファーイースト映画祭」に参加する三木聡監督
  • 「第15回ウディネ・ファーイースト映画祭」に参加する三木聡監督
人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也が主演した三木聡監督の新作映画『俺俺』が、19日(現地時間)、イタリアで開催中の「第15回ウディネ・ファーイースト映画祭」で世界初上映となる“ワールドプレミア”が行われ、映画祭の皮切りとなるオープニングフィルムで唯一の日本映画として上映された。

ヨーロッパでも人気を誇る亀梨和也の登場とあって上映チケットを取るために、朝6時から行列ができ、会場は4階まで満員の観客で埋め尽くされた。上映前には亀梨和也と三木監督の舞台挨拶があり、三木監督の「再びウディネに来られて嬉しいです」と語り、亀梨さんは「ボンジョルノ! ウディネに来られて幸せです」とそれぞれイタリア語の挨拶に、場内は歓迎の拍手と歓声で溢れかえった。

観客とともに映画を鑑賞した亀梨さんは「楽しかったです。お客様と一緒に映画を観るということも初めてだったので、リアクションが楽しかったです。拍手が起こったときは感動しました」と映画祭への初参加に大喜びの様子。また、上映中も、驚きや笑いの声が起こるなど、エキサイティングした観客の反応をダイレクトに感じたのか「国は関係なく誰にでも楽しんでもらえる作品だと改めて感じました。早く日本のみなさまにも観てもらいたいです! 日本のみなさまのリアクションももっと楽しみです!」とコメント。一方の三木監督は「亀梨くんの人気はウディネでもすごかった。亀梨の芝居が海外に羽ばたいていきました」と語っている。

「ウディネ・ファーイースト映画祭」は、イタリアの北東部の都市・ウディネで毎年4月に開催され、今年で15回目を迎える映画祭。日本を始め韓国や中国、台湾、香港などの東アジアや東南アジアを中心とした映画を上映している。その中でも、日本映画の存在感は、ヨーロッパの映画祭の中ではダントツ人気で盛り上がることでも知られており、これまで、『おくりびと』が09年に観客と映画祭審査員の投票によって選ばれる「観客賞」、12年は『テルマエ・ロマエ』がインターネット投票で選ばれる「マイムービーズ賞」を受賞。三木監督の作品も、過去に「三木聡特集」として『イン・ザ・プール』('05)、『図鑑に載ってない虫』('07)、『転々』('07)の3作品が上映されている。

海外でも最高潮の盛り上がりを見せた『俺俺』『テルマエ・ロマエ』に続き、今年も受賞となるのか、期待が高まる。

各賞の発表は日本時間、4月28日(月・祝)を予定している。

『俺俺』は5月25日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top