米倉涼子、ミニスカ女子高生の次はダイアナ妃…声優に抜擢

最新ニュース

『ダイアナ』 -(C) 2013 Caught in Flight Films Limited. All RIghts Reserved -(C) Laurie Sparham
  • 『ダイアナ』 -(C) 2013 Caught in Flight Films Limited. All RIghts Reserved -(C) Laurie Sparham
  • 米倉涼子/『ダイアナ』
  • 『ダイアナ』 -(C) 2013 Caught in Flight Films Limited. All RIghts Reserved -(C) Laurie Sparham
  • 『ダイアナ』 -(C) 2013 Caught in Flight Films Limited. All RIghts Reserved -(C) Laurie Sparham
女子高生からしたたかな悪女まで幅広い役をこなし、2012年にはブロードウェーで主演を務めた女優・米倉涼子が、ダイアナ元英国皇太子妃を描く映画『ダイアナ』の日本語吹替え版のダイアナ役として、声の主演を務めることが決定した。

1997年8月31日、ダイアナ元英国皇太子妃が交通事故でこの世を去った悲劇から16年、ロイヤルベビー誕生に沸き立つ英国で、ダイアナ元妃を描く初めての映画が登場する。

ダイアナを演じるのは、ナオミ・ワッツ。メイクや服装などでダイアナ妃に似せ、囁くような話し方など、徹底した役作りで再現したダイアナ元妃をどのように日本語吹き替えで再現するか。

2012年の『アベンジャーズ』でブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンの吹き替え経験のある米倉さんだが、今回はアクション映画ではなく、プリンセスであるが故に孤独と絶望の淵に沈み、恋を経験し、挫折の中から人間的に成長していくドラマ。

配給元のギャガでは、今回の米倉さんの起用について「ダイアナのドラマティックな人生を表現してもらうために、彼女の人生のクライマックスといえる年齢と同じ世代の女優の中で、ダイアナの持つカリスマとエレガントで華やかなイメージが重なる米倉さんが最もふさわしいと、お願いしました」と説明する。

この役を演じるにあたり米倉涼子は「同じ世代としてこんなにも世界中から注目を浴び、光と影を持った女性は、ダイアナを置いてほかにいないのではないでしょうか。映画ではナオミ・ワッツがダイアナ本人と見間違えるかのような雰囲気を醸し出しています。私も皇太子妃として、母として、逞しく生き抜いたダイアナと向き合って、丁寧に心を込めて吹き込みたいと思います」と語っている。

『ダイアナ』は10月18日(金)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top