【予告編】ビル・ゲイツにケンカを売った男『スティーブ・ジョブズ』公開日決定

最新ニュース

『スティーブ・ジョブズ』 (C)2013 The Jobs Film,LLC.
  • 『スティーブ・ジョブズ』 (C)2013 The Jobs Film,LLC.
  • 『スティーブ・ジョブズ』 (C) Glen Wilson copyright The Jobs Film LLC Director Joshua Michael Stern.
  • 『スティーブ・ジョブズ』 (C)2013 The Jobs Film,LLC.
アップルの創業者、スティーブ・ジョブズの知られざる半生を描いた話題作『スティーブ・ジョブズ』。待望の初映画化作品となる本作から予告編が到着。また、日本での公開日が11月1日(金)に決定した。

アップルといえば、MacやiPhone、iPodといった、誰もが知っている製品で世界中を夢中にさせ、躍進し続けている大企業。本作では、その生みの親で、想像を絶するアイディアやドキドキワクワクする製品を次々と生み出すことから、“カリスマ”といわれたスティーブ・ジョブズの、真実の半生が描かれる。

1976年、自分と同じはみ出し者の仲間何人かで、ジョブズのガレージからスタートした「アップルコンピュータ」。“世界に革命を起こす”というモットーのもと、ジョブズたちは、世の中の人々に「すごい」と思われるモノを作ることで、世界中を驚かせ、魅了する製品を次々と生み出していく。

だが、社員だけでなく、あのマイクロソフト創業者のビル・ゲイツにも正面からケンカを売るほどの傍若無人ぶりに、次第に孤立、ついには役員全員一致で自分の会社をクビになってしまう。人とは違う考え方を貫き、周りの人すべてを敵に回して、時に“反逆児”や“クレイジー”と呼ばれた男には、一体どんな未来が見えていたのか……。

今回、ジョブズを演じたアシュトン・カッチャーは、役づくりのために本人の映像を何度も見返して研究したそうで、ジョブズ独特の歩き方や振る舞いなどを見事に再現している様子が、予告編からも伝わってくる。

ジョブズになりきったカッチャーの演技も楽しみだが、2011年、56歳の若さでこの世を去った“カリスマ反逆児”、スティーブ・ジョブズの人生そのものが、まるでジェットコースターように山あり谷ありの壮絶なドラマ。そんな彼の人生を疑似体験できる本作を、まずはこの予告映像から堪能して。

『スティーブ・ジョブズ』は11月1日よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。


《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top