大泉洋&染谷将太、『しあわせのパン』スタッフが贈る“北海道企画”第2弾製作へ

最新ニュース

『ぶどうのなみだ』(仮)で初共演を果たす大泉洋&染谷将太
  • 『ぶどうのなみだ』(仮)で初共演を果たす大泉洋&染谷将太
  • 『しあわせのパン』初日舞台挨拶
  • 『ぶどうのなみだ』(仮)で初共演を果たす大泉洋&染谷将太
  • 『しあわせのパン』で夫婦役を演じる大泉洋&原田知世
原田知世と大泉洋を主演に迎え、大ヒットを記録した『しあわせのパン』のスタッフが、再び大泉さんを主演に迎えて贈る、“北海道企画”第2弾『ぶどうのなみだ』(仮)の製作が決定。舞台を洞爺湖・月浦にたたずむ“パンカフェ”から、空知(そらち)地方の“ワイナリー”に移し、大泉さんは若手演技派の染谷将太と初タッグを組むこととなった。

北海道・空知。父親が残した葡萄の樹と小麦畑で、ワイナリーを営むひとまわり年の離れた兄弟。かつてある夢のために家族を捨てた兄のアオは、その夢を失って故郷に戻り、いまはワイン作りに励んでいる。弟のロクは、そんな兄にどこか素直になれない気持ちを抱えながら、ワイン作りを手伝っている。2人は、“黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄“ピノ・ノワール”の醸造に失敗を繰り返す日々。そんなある日、ひとりの不思議な女性が突然、2人の目の前に現れる…。

2012年1月に公開され、小規模の公開ながら興行収入3.8億円をあげるヒットとなった映画『しあわせのパン』。大泉さんの故郷である北海道の豊かな大自然を舞台に、オーベルジュ式のパンカフェを営む一組の夫婦と四季を描きながら、“わけあうこと”の大切さを伝えた優しく心あたたまる物語は、女性層を中心に熱い支持を受けた。

本作は、『しあわせのパン』の三島有紀子が監督・脚本、企画は大泉さんが所属する「TEAM NACS」を擁するクリエイティブオフィスキューの鈴井亜由美が務め、前作同様のオール北海道ロケで贈る待望の“北海道企画”第2弾。四季折々の美しい大地の風景はそのままに、思わず空を見上げたくなる、ちょっぴりビターで豊潤な“家族”と“愛”の物語を描き出す。

『しあわせのパン』『探偵はBARにいる2~ススキノ大交差点~』と、北海道を舞台にした映画に立て続けに主演している大泉さんは、「染谷くんは僕よりもずっと若いですが、とても尊敬する役者さんで共演がとても楽しみです。 北海道は景色も素晴らしいし、美味しい物も本当に多い。そんな誇らしい北海道から発信される映画をまた『しあわせのパン』のように全国のみなさんに温かく迎えていただけると嬉しいです」と、コメントを寄せた。

一方、大泉さんとは初共演となる染谷さんは、「三島監督とご一緒するのは二度目となります。でもなぜか初めましてな感じがしました。逆に大泉さんはちゃんと話すのは初めてで、ほぼ初めましてだったのに、お会いしたら初めましてじゃない感じがしました。なんだか素敵な意味で不思議な作品となりそうです」と語り、「北海道の大地を噛み締めながら、ワインの香りにつつまれ、みなさんと生活していれば、ロクとしてそこに立てると確信しました」と、早くも北の大地に魅了された様子だ。

9月15日に北海道でクランクインしたばかりの本作。また一つ、女性たちの憧れと共感を呼ぶ、唯一無二の物語が北海道から生まれそうだ。

『ぶどうのなみだ』(仮)は2014年秋、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top