松本潤、宇宙人だった!? アリゾナ旅行で経験した“不思議”エピソード

最新ニュース

上野樹里/『陽だまりの彼女』公開記念イベント
  • 上野樹里/『陽だまりの彼女』公開記念イベント
  • 上野樹里/『陽だまりの彼女』公開記念イベント
  • 上野樹里/『陽だまりの彼女』公開記念イベント
  • 三木孝浩監督/『陽だまりの彼女』公開記念イベント
  • 上野樹里/『陽だまりの彼女』公開記念イベント
人気アイドルグループ「嵐」の松本潤が10月7日(月)、都内で行われた主演作『陽だまりの彼女』の公開記念イベントに出席し、「あなたは宇宙人ですって、現地のガイドさんに言われた」と数年前の米アリゾナ旅行で経験した“不思議”エピソードを披露した。

“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”といわれる越谷オサム氏の同名小説を映画化。10年ぶりに再会した中学時代の幼なじみ・浩介(松本さん)と真緒は恋に落ちるが、彼女には誰にも知られてはいけない“不思議な秘密”があった…というファンタジック・ラブストーリーだ。

イベントには松本さんを始め、真緒を演じる女優の上野樹里、三木孝浩監督が出席した。上野さんは「秘密といっても、誰かを騙すウソじゃなくて、ちょっとした女心としてポジティブに受け止めてもらえれば」とヒロインの心情を代弁。

また、三木監督は「撮影中も、松本さんと上野さんの相性の良さを感じていた。きっと名前に秘密があって、“樹の里”に“潤い”を与えて花を咲かせているんだと思います」とロマンチックな持論を展開していた。

この日のイベントにはカップル&夫婦60組が招待され、事前に寄せられた“秘密エピソード”が次々と紹介された。「デートをした日は、手帳にお花マークを貼っている」「結婚25周年の記念日に、妻に手料理を作ってあげたいので、日々練習している」といった微笑ましいものから、「いびきがうるさい夫を、こっそり蹴っている」というシビアな内容まで、悲喜こもごもなエピソードに松本さん&上野さんは興味津々。

特に「映画公開日の翌日に、初恋の相手と入籍する」というカップルの秘話には、松本さんも「縁を感じますね」としみじみ。一方、三木監督は「いい話ですね。著作権は誰に相談すれば、いいですか(笑)? 今日の話は全部(ネタとして)いただきます」と新たな恋愛映画の構想作りに意欲を燃やしていた。

『陽だまりの彼女』は10月12日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top