【ドラマニア】視聴率・前半戦!「ごちそうさん」絶好調/夜ドラは「S-最後の警官」が一歩リード

最新ニュース

東出昌大&杏/NHK朝の連続小説「ごちそうさん」
  • 東出昌大&杏/NHK朝の連続小説「ごちそうさん」
  • 「S(エス)-最後の警官-」-(C) TBS
  • 「ごちそうさん」出演者発表会見(高畑充希、キムラ緑子、宮崎美子、和田正人、近藤正臣、東出昌大、杏、財前直見、原田泰造)
  • 「S(エス)-最後の警官-」-(C) TBS
  • 「ごちそうさん」出演者発表会見(財前直見、杏、原田泰造)
  • 「S(エス)-最後の警官-」-(C) TBS
  • 芦田愛菜/『パシフィック・リム』ジャパン・プレミア
  • 石原さとみ/月9ドラマ「失恋ショコラティエ」
今月は大雪が二度もやってくるという、大変冬らしい月となりました。おそらくドラマの撮影現場では、物語の繋ぎ目を調整する編集さんたちが大慌てだったことでしょう(笑)。

いよいよ佳境に突入した1月クール。今日は、最終回の展開を予想する前にまず、視聴率対決の中間結果をご紹介していきたいと思います。気になる第1位はやはり、初回からぶっちぎりのあの作品のようですよ!

■向井理&綾野剛が熱演 「S-最後の警官」

       ――大切な人を最後まで守り抜くことができるのか!?


第7話の放送を終え、「S-最後の警官」の平均視聴率が14.7%と全体から頭一歩リードするという結果になりました。初回放送の18.9%も全体では群を抜いてトップ! 徐々に下がってきてはいるものの、依然12%代後半をキープしているとあって、抜群の安定感がありますね。物語が前・後編と2話完結にまたがることも多い本作。それでも「続きが気になる!」と、視聴者を惹きつけて離さない魅力があるのでしょう。

では、その魅力とはいったい何なのか? まずは主演の向井理さん&綾野剛さんの強力タッグが頭に浮かぶ人も多いはず。物語は、どちらかと言うとこれまで“パワフルさ”より“知的さ”の印象が勝っていたおふたりが、NPS=体力と熱いハートで、事件の犯人を生きたまま確保することを目標とする新しい警察組織に巻き込まれていく様を、対立した心理構造で描いていきます。

向井さん演じる一號の幼なじみにして、彼女的存在のゆづる(吹石一恵)が、綾野さん演じる蘇我に近い思考であること…犯人をどうしても許せない気持ちの迷走が、後半戦最大の見どころとなっていくのではないでしょうか。

また、そんな2人の上司にあたるNPS・香椎隊長(大森南朋)&SAT・中丸隊長(高嶋政宏)の過去にも注目です。土屋アンナさんがいい味を出しながらふわふわと、冷静沈着な二人をかき乱していくのがたまらなく面白いので、要チェック(笑)! 原作は今も絶賛連載中ということで、ドラマ版の物語がどう終着するのか。何かと影でこそこそ動いている上層部のみなさんの動向から、目が離せない第8話をお楽しみに!


■芦田愛菜・主演「明日ママ」が第2位

     ――“独創的な切り口”の作品が続々ランクイン


さて続く第2位は、連日各方面からニュースで取り上げられている「明日、ママがいない」が堂々のランクイン。初回14.0%とまずまずのスタートから、第6話までの平均視聴率が13.2%とほぼ横ばいの注目度です。

この作品は何と言っても子どもたちの演技が圧巻! ハリウッド女優としても活躍する芦田愛菜ちゃんの新境地(これまでより、ちょっぴり大人びた演技を魅せてくれています)はもちろん、「八重の桜」で八重の幼少期を演じた鈴木梨央ちゃんのくるくると変わる表情や、そのほかにも子役のみんなが集うシーンでの細かな演技合戦は、大人顔負けと言っても過言ではないでしょう。

三上博史さんを始めとするベテラン大人陣と作品を通して絡むことで、ドラマ終了時にはお互いが新しい発見を無数に得ているのでは…? そう思わせてくれる、深い心理描写を最後までしっかりと見つめていきたいと思います。

また、続く第3位には木曜10時枠の「緊急取調室」が、第6話までで平均12.9%をマーク。天海祐希さん主演、警察内・取調室という限定的な空間で繰り広げられる心理戦は、一度見たら止まらない! 癖になってしまうこと間違いなしの一作と言えるでしょう。

さらに、第4位には月9「失恋ショコラティエ」が平均12.5%という好成績で巻き返しを図りにきています。後半戦にかけてジリジリと…いずれのドラマも追い上げている印象の1月クール。事件ものの多い今回は、最終回へ向けた大軸の解決が見物! 3月はそれぞれのラストスパートを存分に堪能していきたいものですね。


■高視聴率と言えば…

    ――大好評の朝ドラ『ごちそうさん』にも注目を!


そして高視聴率と言えば、今回も朝ドラの存在を欠いては語れません。前作、“あまロス”という言葉が流行する程の大ブームを見せてくれた「あまちゃん」。続く作品への注目度が非常に高いことが懸念されていましたが、見事素晴らしい主人公・め以子を杏さんが演じ切ってくれています。(作品はまだ続いていますが、クランクアップしたとのニュースが先日出ていましたね!)

とっても食いしん坊で、“食”へのこだわりが強い本作の主人公。幼少期からとにかく食べることが大好きで、洋食屋を営む両親の元、すくすくと真っ直ぐ育っていく姿がなんとも愛おしい…作品と共に、彼女の成長を見届けたいと心惹きつけられた視聴者も多いのではないでしょうか。

現在放送中の後編では、そんなめ以子が恋をし、結婚。自らの子どもを持ち、戦中たくましく生き抜いていく姿をより丁寧に描いていきます。「どんなときでも、食べることが楽しいと笑顔になれるんだ」――現代を生きる私たちにとって、それは大切だけどついつい忘れがちなこと。彼女の背中を通して、毎日の食事と向き合う姿勢が少しでも変われば…杏さんも、たくさん食べて撮影した甲斐があると言えるでしょう(笑)。

最終回は3月29日(土)ということでもう目前! 20週連続で21%を超えるという快挙を成し遂げている話題作、まだ見ていないという方がもしいらっしゃれば、朝ごはんのお供にぜひご覧くださいませ。
《text:Yuki Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top