綾野剛も「こういう人なんです」とため息? 呉監督の現場での鬼の所業が明らかに…

最新ニュース

綾野剛&池脇千鶴&菅田将暉&高橋和也&伊佐山ひろ子&田村泰二郎&呉美保(監督)/『そこのみにて光輝く』初日舞台挨拶
  • 綾野剛&池脇千鶴&菅田将暉&高橋和也&伊佐山ひろ子&田村泰二郎&呉美保(監督)/『そこのみにて光輝く』初日舞台挨拶
  • 綾野剛/『そこのみにて光輝く』初日舞台挨拶
  • 池脇千鶴/『そこのみにて光輝く』初日舞台挨拶
  • 高橋和也/『そこのみにて光輝く』初日舞台挨拶
  • 呉美保(監督)/『そこのみにて光輝く』初日舞台挨拶
  • ヴァスコ・ヴァッシレフ(ヴァイオリニスト)/『そこのみにて光輝く』初日舞台挨拶
  • 田村泰二郎/『そこのみにて光輝く』初日舞台挨拶
  • 伊佐山ひろ子/『そこのみにて光輝く』初日舞台挨拶
綾野剛・主演の『そこのみにて光輝く』が4月19日(土)に公開。綾野さんを始め、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、伊佐山ひろ子、田村泰二郎、呉美保監督がテアトル新宿にて行われた初回上映後の舞台挨拶に登壇した。

不遇のまま自ら死を選んだ作家・佐藤泰志の唯一の長編を原作に、短い夏を迎える函館を舞台に愛に恵まれずに生きてきた男女が命をかけて愛し合う姿を描く。

劇中の美しいヴァイオリンを担当している世界的ヴァイオリニストのヴァスコ・ヴァッシレフの壇上での生演奏をBGMに綾野さんらは登壇。綾野さんは「素晴らしいです。音が“見える”ってこういうことなんですね」と感動を口にしていた。

映画について、綾野さんは「伝えたいことやメッセージはないですが…」と前置きしつつも、自身が演じた達夫が菅田さん演じる拓児を抱きしめるシーンを念頭に「自分を愛せない、自分に優しくできない人を抱きしめてあげられる世の中になってほしい。観た人に小さな幸せが灯ってくれたら」と思いを訴えた。

綾野さんはその菅田さんを「ブラザー(兄弟)のよう。系統もぴったりだし(笑)」と語り、菅田さんも「剛くんの香水の匂いがすると、函館を思い出しますね」としみじみ。仲の良い様子をうかがわせた。

菅田さんは印象的なシーンとして、自身のクランクアップの撮影となった自転車のシーンを挙げる。疾走する表情を撮るためにトラックで自転車を引っ張り、しかも音の録音もあるため、そのトラックはエンジンをかけずに20~30人のスタッフが手で押して動かしたという。「あの一体感、顔を撮るためにこれだけのスタッフが力をかけてくれることが嬉しかった」とふり返る。

呉監督はこの大変な労力をかけた撮影を「楽しかったぁ! みんな、ゼェゼェ言ってて、スタッフの殺意を感じながら『もう1回!』って言ってました(笑)」と鬼監督ぶりを見せつける。

池脇さんは綾野さんとの海でのシーンを「寒くて舟の上で震えてました。死ぬかと思った!」と述懐したが、このシーンも呉監督は「楽しかった!」とニンマリ。綾野さんは「こういう人なんです(苦笑)。こっちは命懸け。撮影はギリギリじゃダメなんだけど…」と笑いつつも、この撮影あってこその作品の仕上がりに嬉しそうだった。

高橋さんは人生初挑戦で自らアイディアを出して実現したパンチパーマの見た目を始め、様々なシーンで存在感を放っているが、中でも「印象深かった」という池脇さんとのラブシーンについて菅田さんが「うわさでは、高橋さんがなかなか服を着なかったとか…(笑)?」と追及!

呉監督によると「脚本に何も書いてなくて、なかなかパンツをはくタイミングがなかったんです。やりながら高橋さんが『やっぱり(パンツを)はくタイミングねーわ』と言われたんです。監督としてはありがたい(笑)。脚本の方にも『やっぱり、はかずにやりました!』と電話しました」と説明し、会場は笑いに包まれた。高橋さんは、このシーン以外にも綾野さんとの“戦い”、菅田さんとのシーンなど一つに絞りきれないほど印象的なシーンが多かったようで「楽しかったです」と充実した表情を見せていた。

『そこのみにて光輝く』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top