【予告編】スカーレット・ヨハンソンが“覚醒”! リュック・ベッソン最新作『LUCY』

最新ニュース

スカーレット・ヨハンソン×リュック・ベッソン/『LUCY』-(C)2014 Universal Pictures
  • スカーレット・ヨハンソン×リュック・ベッソン/『LUCY』-(C)2014 Universal Pictures
  • スカーレット・ヨハンソン-(C) Getty Images
  • スカーレット・ヨハンソン-(C) Getty Images
『レオン』『ニキータ』『フィフス・エレメント』と、その時代ごとに儚くも力強い女性像を創り上げてリュック・ベッソン監督が、いま“最もセクシーな女優”スカーレット・ヨハンソンと初タッグを組んだ映画『LUCY』の公開が8月29日(金)に決定! 初映像となる、インターナショナル予告編が公開となった。

ごく普通の生活を送っていた女・ルーシーは、ある日マフィアの闇取引に巻き込まれてしまう。密輸のため、彼女は体内に新種のドラッグの入った袋を埋めこまれるが、体内でドラッグが漏れ出すというアクシデントによって、彼女の脳は突如覚醒し始める。

脳科学者・ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中、徐々に人智を超えた能力を発揮するルーシー。しかし一方で、次第に人間性を失っていく彼女は、自分自身でさえもコントロールできない状態となって暴走するように。やがてルーシーの脳は100%覚醒へと近づいていくのだった――。

『レオン』のナタリー・ポートマン、『ニキータ』のアンヌ・パリロー、『フィフス・エレメント』『ジャンヌ・ダルク』のミラ・ジョボヴィッチと、常に新しいヒロイン像を描き続けてきたベッソン監督が、最新作で白羽の矢を立てたのは、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でも女性スパイ“ブラック・ウィドウ”として圧倒的な活躍を見せていたスカーレット・ヨハンソン。

本作では、脳の覚醒率が100%へ向かっていくことで、人智を超えた能力を発揮するヒロイン・ルーシーを力強く、そしてセクシーかつ華麗に演じている。さらに、オスカー俳優のモーガン・フリーマンが、ルーシーの覚醒を見守る脳科学者役として脇を固める。



人類は脳の機能の10%程度しか使用していないと言われているが、「頭脳拡張20%」で驚異的なスピードで言語をマスター、「頭脳拡張40%」で目に見えない電波をコントロールし始める…という、想像もしえなかった人間の姿を体現していく、スカーレット演じるルーシー。彼女の存在は人類を救うのか、それとも破滅へと導いてしまうのか。衝撃度100%のトレーラ―映像をまずはご覧あれ!

『LUCY』は8月29日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top