吉永小百合、カナダでフランス語挨拶?『ふしぎな岬の物語』モントリオール入り

最新ニュース

竹内結子&阿部寛&吉永小百合&笑福亭鶴瓶/『ふしぎな岬の物語』完成報告会見
  • 竹内結子&阿部寛&吉永小百合&笑福亭鶴瓶/『ふしぎな岬の物語』完成報告会見
  • 吉永小百合/『ふしぎな岬の物語』完成報告会見
  • 竹内結子/『ふしぎな岬の物語』完成報告会見
  • 笑福亭鶴瓶/『ふしぎな岬の物語』完成報告会見
  • 阿部寛/『ふしぎな岬の物語』完成報告会見
  • 竹内結子&阿部寛&吉永小百合&笑福亭鶴瓶/『ふしぎな岬の物語』完成報告会見
  • 竹内結子&阿部寛&吉永小百合&笑福亭鶴瓶/『ふしぎな岬の物語』完成報告会見
女優の吉永小百合が7月16日(水)、都内で行われた主演作『ふしぎな岬の物語』の完成報告会見に出席。第38回モントリオール世界映画祭への出品が決定しており、吉永さんも現地入りする予定。「フランス語の挨拶を練習しなければ」と仏語の習得に意欲を燃やしていた。

8月21日からカナダで開催される同映画祭のワールド・コンペティション部門に出品される本作。関係者によると、8月29日(現地時間)に公式上映が行われる予定だ。

この日行われた会見には吉永さんに加えて、共演する阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶が出席した。阿部さんも吉永さんと一緒にモントリオールを訪問する予定で「僕にとっては、役者としても人間としても宝物のような作品。ぜひ現地の反応を知りたいですね。僕もフランス語を勉強しないといけないかな(笑)」。一方、鶴瓶さんは「一緒に行きたかった…」とうらやましそうな表情だった。

懐かしさが漂う岬村で長年カフェを営んでいる悦子(吉永)と、彼女がいれるコーヒーと語らいを楽しみに、店に通う人々との暖かいな交流を紡ぎだすヒューマンドラマ。吉永さんは主演に加えて、女優人生初のプロデュース業も手掛けており「撮影が終わって1か月は、週6回、ラッシュ上映や編集、サウンドミックスに立ちあった。新米プロデューサーとして、スタッフさんの大変さを知る機会になった」と思い入れは格別だ。

「女優という職業である以上、一度はご一緒したい方。緊張する私に気を使わせまいと、一番気を配ってくださった」と語る竹内さんは、いまも吉永さんと初共演した感激に浸っている様子。「悦子さんがいれるコーヒーみたいに、一滴一滴に人々の感情が詰まった、大好きな作品です」と声を弾ませた。

一方、吉永さんと3度目の共演を果たした鶴瓶さんは、本作でついに吉永さんと恋仲(?)になる役柄を演じ「現場でも僕の手を握ってきたり、本名の“まなぶ”で呼んでくれたり、『おれのこと好きなんちゃうかな』と思ったほど」とデレデレ。「日本人の遠慮気味な優しさは、モントリオールの人たちにも優しく受け止められるはず」と受賞に期待を寄せていた。

『ふしぎな岬の物語』は10月11日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top