笑福亭鶴瓶、“サユリスト”タモリからの怒りの電話を明かす

最新ニュース

吉永小百合&阿部寛&竹内結子&笑福亭鶴瓶&成島出(監督)/『ふしぎな岬の物語』受賞報告会見
  • 吉永小百合&阿部寛&竹内結子&笑福亭鶴瓶&成島出(監督)/『ふしぎな岬の物語』受賞報告会見
  • 吉永小百合/『ふしぎな岬の物語』受賞報告会見
  • 吉永小百合&阿部寛&竹内結子&笑福亭鶴瓶&成島出(監督)/『ふしぎな岬の物語』受賞報告会見
  • 吉永小百合&阿部寛&竹内結子&笑福亭鶴瓶&成島出(監督)/『ふしぎな岬の物語』受賞報告会見
  • 吉永小百合&阿部寛/『ふしぎな岬の物語』受賞報告会見
  • 阿部寛/『ふしぎな岬の物語』受賞報告会見
  • 竹内結子/『ふしぎな岬の物語』受賞報告会見
  • 笑福亭鶴瓶/『ふしぎな岬の物語』受賞報告会見
第38回モントリオール世界映画祭で「審査員特別賞グランプリ」、「エキュメニカル審査員賞」の2冠に輝いた『ふしぎな岬の物語』の受賞報告会見が9月16日(火)に開催され、主演の吉永小百合を始め、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、成島出監督が出席した。

吉永さんが主演のみならず、女優人生で初めてプロデューサーに挑戦した本作。美しい風景に囲まれたのどかな岬村にある「岬カフェ」の店主・悦子とカフェに集う人々の悲喜こもごものドラマを描き出す。

吉永さんは、改めて現地での授賞式をふり返り「これまでベルリン(国際映画祭)でコンペに2回、参加してどちらもダメで、つらい思いで帰ってきたので、もしまたダメだったらどうしよう? という気持ちでした」と語り、受賞の瞬間とその喜びについて「夢を見ているかのような時間を過ごしました。私にとっても大きなことです」と語る。

また、本作に村の医師役で出演している米倉斉加年が吉永さんと阿部さんがモントリオールに旅立った日に亡くなったことに触れ、「米倉さんに『やりました』とご報告したいです」と語った。

阿部さんは、現地で映画を観た人々の好反応に強く心を動かされたようで、授賞式でも当初より「何かもらえるかもしれないなと思ってました」というが、まさか「審査員特別賞グランプリ」を含む2冠を獲得するとは予想してなかったそう。改めて、映画祭をふり返り「僕の人生においても、吉永さんとあの場にいて、吉永さんの後姿を見られたことが何より嬉しいです」と喜びを口にした。

プロデューサーという立場でここまでの日々をふり返り、吉永さんは「周りのみなさまに助けられてやれた新米プロデューサーで、こんなに幸せでいいのか? という思いです。何もできませんでしたが、気持ちだけは温かく、心に届くものをと思っておりましたので、その思いが届いて嬉しいです」と謙虚に語り、満面の笑みを浮かべる。

そんな“プロデューサー”としての吉永さんについて、共演陣は「この人のために最大限の力を出そうという空気になった」(阿部さん)、「こんなに現場に、作品に寄り添って下さるプロデューサーはいないんじゃないと思う。この人のために力になることがあるなら…と思う、幸せな現場でした」(竹内さん)と語る。

鶴瓶さんは受賞が決まった瞬間に、“サユリスト”として知られるタモリから電話があったと明かし「僕が(電話に)出ていること分かってるのに、留守電に入れるように『(くぐもった声で)おめでとうございます…』とだけ言って切った(笑)。(鶴瓶さんが吉永さんと共演していることを)よっぽど怒ってるんだと思います」とニンマリと笑って明かした。

吉永さんは改めて“今後”について尋ねられ「難しいですね…」と逡巡しつつ、「その日、その日を一生懸命生きています。もう少ししたら、足腰も衰えたりするかもしれませんし、そうなったら引退するのかなと思いますが、でもあまり決めつけないでやっていきたいです。現場が大好きなので、出来る限りこの仕事をやりたいと思っています」と力強く語った。

『ふしぎな岬の物語』は10月11日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top