吉永小百合、映画“企画”に初挑戦「不慣れなので、演技で3倍返し」

最新ニュース

『ふしぎな岬の物語』製作会見
  • 『ふしぎな岬の物語』製作会見
  • 『ふしぎな岬の物語』製作会見(吉永小百合)
  • 『ふしぎな岬の物語』製作会見(笑福亭鶴瓶)
  • 『ふしぎな岬の物語』製作会見(阿部寛)
  • 『ふしぎな岬の物語』製作会見
吉永小百合が来年秋に公開される主演最新作『ふしぎな岬の物語』(成島出監督)で、女優人生で初めて“企画”に携わっていることが分かった。12月18日(水)、都内で行われた製作会見で発表。吉永さんを始め、阿部寛、笑福亭鶴瓶ら豪華キャストも明らかになった。

森沢明夫原作の「虹の岬の喫茶店」に出会った吉永さんと成島監督が、「この優しく暖かい物語を映画として観客に届けたい」という思いから共同で企画を立ち上げた本作。吉永さんは「どこかで作品に責任を…という気持ちがあった。脚本の段階からミーティングに参加させていただいているが、まったくの新入生ですし、不慣れな面もあると思う。その分、3倍返しくらいで演技したい」と“二足のわらじ”に意欲を燃やした。

共演する阿部さん、鶴瓶さんに対し、出演オファーの手紙を書いたのも吉永さん本人! 「事務所の先輩でもあった吉永さんと、ついに共演させていただける。全身全霊を傾けて演じたい」(阿部さん)、「吉永さんからお手紙をいただいたら、絶対断れないでしょ。少しでもお役に立てれば。現場の雰囲気作りは任せてください」(鶴瓶さん)と“ラブコール”に応えていた。

映画は人々が穏やかな生活を営む里の岬に立つ小さなカフェを舞台に、そこに集う人々と女店主・悦子(吉永さん)の心温まる交流を描く。吉永さんは「人と人が助け合い、生きていくことの大切さを描いた、未来に希望がある作品になれば」と本作への強い思い入れを語った。

吉永さんと初共演する阿部さんは、悦子を献身的に守り続ける甥・浩司を演じ「かなりエキセントリックな役。まったくやったことがない役で、ご迷惑をかけるかもしれないが、燃えますね」と武者震い。

鶴瓶さんは『母べえ』『おとうと』で共演しており、今回は30年間カフェに通い続ける男性・タニさん役で「なんでも愛される役だそうで、吉永さんとは“熱い関係”になりそう」と期待感。本作の出演について、熱烈な吉永さんファンであるタモリに話したそうで「タモさんは『あの役、もともと僕だったんだ』って(笑)。悔しがっていましたよ」と明かしていた。

『孤高のメス』『八日目の蟬』などで知られる成島監督にとって、吉永さんとの仕事は念願だったと言い「こういう形で実現するとは夢にも思わなかった」と感無量。「実際にお会いして、その人柄と映画への真摯な思いは想像以上だった。ぜひそんな吉永さんの“素”をスクリーン越しに、お客様に届けることができれば」と抱負を語っていた。

撮影は2014年2月にクランクインし、東映東京撮影所と原作のモチーフとなった喫茶店が実在する千葉県明鐘岬を中心にロケを敢行することになっている。

『ふしぎな岬の物語』は2014年秋、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top