中井貴一、妻役に広末涼子を推薦していた! きっかけは飛行機で偶然観た映画

最新ニュース

中井貴一&阿部寛&広末涼子&真飛聖&若松節朗(監督)&浅田次郎(原作者)/『柘榴坂の仇討』プレミア試写会
  • 中井貴一&阿部寛&広末涼子&真飛聖&若松節朗(監督)&浅田次郎(原作者)/『柘榴坂の仇討』プレミア試写会
  • 広末涼子/『柘榴坂の仇討』プレミア試写会
  • 阿部寛&広末涼子/『柘榴坂の仇討』プレミア試写会
  • 中井貴一/『柘榴坂の仇討』プレミア試写会
  • 阿部寛/『柘榴坂の仇討』プレミア試写会
  • 阿部寛/『柘榴坂の仇討』プレミア試写会
  • 浅田次郎(原作者)/『柘榴坂の仇討』プレミア試写会
  • 中井貴一&阿部寛&広末涼子&真飛聖&若松節朗(監督)&浅田次郎(原作者)/『柘榴坂の仇討』プレミア試写会
浅田次郎の小説を映画化した『柘榴坂の仇討』のプレミア試写会が9月9日(火)に開催され、上映前の舞台挨拶に中井貴一、阿部寛、広末涼子、真飛聖、若松節朗監督が登壇した。

大老・井伊直弼が浪士たちに討たれた「桜田門外の変」で数奇な運命を辿ることになった2人の男のその後を描く本作。元・彦根藩士で御一新後も仇を探し回る金吾はやがて、いまは車夫として生きる仇の十兵衛を探し当てるのだが…。

金吾役の中井さんは、これから映画を観る観客を前にあえて「時代劇です」と宣言。「最近、時代劇は不振と言われますが、真正面から日本人の心を映し出したつもりです。時代劇の灯をともし続けなくてはならないと思っています」と力強く語る。

阿部さんは、中井さんとは『ステキな金縛り』『麒麟の翼』に続く共演となるが、ガッチリと対峙することになるのは今回が初めて。「貴一さんがこの役をやると聞いて『ぜひやらせていただきたい』と言いました」と明かす。

広末さんは、金吾に代わって働きに出て、生活を支え続ける妻・セツを演じたが「所作は『新人のつもりでご指導ください』とお願いしました」と映画で初めての時代劇出演に並々ならぬ思いを持って臨んだよう。中井さんとは初共演となったが「中井さんは現場でいつも金吾でいらっしゃったので、自然とセツになれました。この人のそばにいて、付いて行くのがセツの生き方なんだと自然と感じられました」とふり返った。

中井さんはこれに対し「今回のお話をいただいたとき、まだセツは決まってなかったんですが、飛行機である映画を観て、それに広末さんが出てらして、ワンカットだけ見て『セツは広末さんだ』と思い、監督やプロデューサーに『広末さんがいいと思う』と言いました」と告白。そのワンカットが鮮烈すぎて、その時の映画の内容などは一切、覚えてないそうだが、共演を果たして「願いが叶いました」と笑顔を見せた。

この日は、原作者の浅田さんも来場したが、文庫で38ページしかない小説が2時間の映画になって「素晴らしい仕上がりで、作家冥利に尽きます」と満面の笑み。『壬生義士伝』に続き、浅田文学の主人公を演じた中井さんは、浅田作品の魅力について「自分が全てを語ることはできませんが」と恐縮しつつも、「時代の偉人ではなく、野に咲く花にスポットを当てていて共感できる」と語る。

同じく浅田さんの原作の『鉄道員(ぽっぽや)』に出演している広末さんは「どちらの作品もすごく泣いてしまったんですが、その涙は不思議と悲しい、つらい、苦しいではないんです」とその魅力を熱く語っていた。

また、司会者からは突然、中井さんに「現代の侍は誰か?」と質問が。中井さんは唐突な問いの意図が分からずに「どういう意味で?」と首をかしげていたが、司会者が「今朝…」と質問の目的が全米オープンテニスで準優勝を果たした錦織圭選手の話題であることを示唆すると、中井さんは「『錦織くん』と言わせたいならそう言ってくだされば…」と苦笑しつつ、「彼も侍であると思います。僕らも海外で仕事をすることはありますが、孤独です。きっとコートに立った時の孤独というのは半端ではないと思います」とその心中を推しはかる。そして「彼はまだ夢の扉を開いたところ。負けてニュースになる選手になってほしい」とエールを送っていた。

『柘榴坂の仇討』は9月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top