【インタビュー】嵐・相葉雅紀 初恋の記憶は「幼稚園の頃…」

最新ニュース

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
  • 『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のワンシーン/(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C) 2013中村航/小学館
歌にドラマにバラエティーにと引っ張りだこのアイドルグループ「嵐」。今年はデビュー15周年のアニバーサリーイヤーとしてハワイでのコンサートを成功させ、日本の年末恒例のNHK「紅白歌合戦」では5年連続司会を担当することも決定しているなど、その活躍はとどまるところを知らない。そのメンバーのひとりとしてマルチな活躍を見せる相葉雅紀が、役者として初の映画単独主演を務めた『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』が先日公開した。

今回、初の映画単独主演を果たした相葉さんに、「いろんな人にこの役は僕にぴったりだねって言われます(笑)」という役への想いを始め、クリスマスや淡い恋の思い出をたっぷりと語ってもらった。

中村航の小説を原作に映画化された本作。相葉さんが本作で演じたのは、漫画家を目指すちょっぴりヘタレな書店員・光。人には言えない本音を込めた「デビクロ通信」を描いている一風変わった青年だ。そんな光を始め、いつも近くで光を見守っている幼馴染の杏奈(榮倉奈々)、偶然知り合った世界的な照明デザイナーのソヨン(ハン・ヒョジュ)、超売れっ子の漫画家で光の大学の同級生である北山(生田斗真)…男女4人の切ない恋模様を描き出す。

本作で特徴的なのが、相葉さんも「光の“毒”の部分を背負ってくれている」と語るアニメーションで描かれる“デビクロ”の存在だ。

――最初に脚本を読んだときの感想は?

脚本からは“デビクロ”というキャラクターが何者なのか掴みにくく、不思議な感じはありましたけど、ストーリー自体はピュアで心温まるお話だなと思いました。撮影中はデビクロがどのように動くのか、どんな感じで画面のなかにいるのか、なかなか想像するのが難しかったけれど、「あっ、こういうふうになるのか!?」と驚きました。完成した映画ではデビクロのアニメ部分はすごくよくできていて、今まで観たことのないような映画になったと思います。何より「あんな恋がしてみたい!」と思いました(笑)。

――光というキャラクターをどんなふうに役作りしていったのか?

光はすごく素直な人だと思います。小学校の頃から成長が止まっているような繊細さを持っていて、だから周りのいろんなことをスポンジのようにすべて受け止めてしまう。そして、喜怒哀楽の“怒”の部分をデビクロが補ってくれているんです。デビクロは光の毒の部分を背負ってくれている存在なんですよね。なので、僕の演技のなかに“怒”という演技はないんです。

光を演じるにあたっては、余計なことを考えないで、光の目の前で起きていることに精一杯な青年というのを意識していました。先のことを考えて動くような人じゃないと思ったので、とにかくそのときに起きたことに集中する。それは僕が脚本と原作から読み取った光像でもあります。なので、僕自身も素直に共演者に対してリアクションをしていくということを心がけました。ものすごく受け身の役柄でした。

――初の映画単独主演、座長ならではの気負いはあったのだろうか?

主演としての気負いはなかったです。みんながそれぞれの役割を頑張っていこうという感じになればいいなと。本当にチームワークが良い現場だったので、空港でのクランクアップの日はこれで終わってしまうのか…と、すごく寂しかったのを覚えています。クランクアップの日は撮影時間が限られていて、大変だったんです。汗びっしょりの姿でよく走った日でもありますね。あのラストシーンはハッピーエンドで本当に良かった。どんなことでも、諦めちゃいけないんだなって思いました。

劇中では榮倉さん演じる杏奈とハン・ヒョジュ演じるソヨンとの間で揺れ動く光の心の機微が丁寧に描かれるが…。

――相葉さんから見て、劇中で巻き起こる光の恋をどんなふうに捉えたのだろうか?

子どもの頃に思い描いた運命の人の像にぴったりの人が現れたら、そりゃあ恋しますよね。「この人だ!」って思いこんでしまう光の気持ちは分かります。きっと光にとってあまりにも衝撃的な出来事だったので、信じて突っ走っていってしまったんですよね。光はその理想像を思い描いた小学生の頃から成長していないんですよ(笑)。でも、そういう光を演じるのは楽しかったですね。あと、光は、終始笑っているシーンが多かったけれど、実は切ないシーンがたくさんあるんです。ソヨンさんとのシーンも、北山くんとのシーンもほとんど切ない。そう、割と切ないんです。

――この映画は光だけでなく4人の男女の片想いが描かれるが、相葉さん自身の片想い、初恋の想い出話は?

幼稚園の頃…お昼寝の時間がすごく楽しかったんですよね。こそこそしながら好きな子のそばに行って、お昼寝してました(笑)。そういう幼い頃の初恋の記憶を思い出させてくれる映画でもあるし、いま好きな人や大切な人に会いたくなったりもする映画でもあると思います。

――クリスマスの思い出話も聞かせてください!

僕はクリスマスイブが誕生日なので、相葉家にはサンタクロースというのがなくて…誕生日としてプレゼントをもらっていたんです。でも、可哀想なのは弟。家族にとってクリスマスは僕の誕生日としてだけ祝う日だったので、弟もクリスマスプレゼントがなかったんです。今年のクリスマスは弟に何か贈り物をしようと思います!

――最後に、この映画に込めたメッセージを教えてください。

「大切なものは身近にある」っていうデビクロのセリフがあるんですが、本当にそうだなぁって思います。要はそれに気づけるか、気づけないか。デビクロのセリフって、いいセリフがたくさんあるんですよ。やわらかい言葉だけれど、突き刺さってくる。それを言わせているのは光自身でもあるんですけどね。幸せになりたいとか、恋が上手くいくようにとか、そう思うことは当然なんだけれど、この映画と出会って、それらは掴みに行くものじゃないんだなと感じたんです。気づけるかどうかなんだなと。気づいた先に“MIRACLE(ミラクル)”があるんじゃないかなと思います。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top