松坂桃李、11億円のヴァイオリン演奏に緊張! 「最近、ムチャぶりが多い…(苦笑)」

最新ニュース

11億円の名器「ストラディヴァリウス」&松坂桃李/『マエストロ』完成披露試写会
  • 11億円の名器「ストラディヴァリウス」&松坂桃李/『マエストロ』完成披露試写会
  • 松坂桃李/『マエストロ』完成披露試写会
  • miwa/『マエストロ』完成披露試写会
  • 西田敏行/『マエストロ』完成披露試写会
  • 松坂桃李&西田敏行&miwa/『マエストロ』完成披露試写会
映画『マエストロ』の完成披露試写会が12月2日(火)に開催され、主演の松坂桃李に西田敏行、初めて女優業に挑戦したシンガーのmiwa、小林聖太郎監督が舞台挨拶に登壇。松坂さんは、“11億円”もの価値を持つヴァイオリンの王様「ストラディヴァリウス」を生で演奏した。

さそうあきらの漫画を原作に指揮者の佐渡裕(指揮指導)、ピアニストの辻井伸行(エンディングテーマ)など第一線で活躍する音楽関係者も参加した本作。人生挫折中のヴァイオリニストが、不況で解散が伝えられた名門オケの復活に心躍らせるが、その仕掛け人である指揮者・天道は破天荒な謎のひげ男で、メンバーも“負け組”ばかり。だが天道の導く音の深みが楽団員の心を動かし始め…。

松坂さんは「日本の音楽映画に新しい風を吹かせにやってきました」と完成した作品への自信を語り、西田さんも「血の出るような努力、血の出るような指揮ぶりで頑張りました!」と胸を張る。

実際、松坂さんはこれまで全くヴァイオリンに親しんだ経験はなかったが、撮影開始の1年前もから練習を開始! 「最初は難しささえ全く分かっておらず、(ジブリ映画の)『耳をすませば』の天沢聖司みたいでカッコいいなとか(ヴァイオリンの演奏の難しさを)すごいことと捉えることさえできない自分がいたんですが(笑)、練習を始めてだんだん口数が減っていく地獄の日々でした」とふり返った。

miwaさんは、年末の「紅白歌合戦」への2年連続参加が先日発表され、会場は祝福の拍手に包まれた。今回、演技初挑戦で戸惑うこともあったよう。さらに、フルートの演奏をせねばならず「4か月練習した」と明かすなど、初挑戦尽くしの作品となった。

西田さんは初めてとなる指揮者役について「一度は役としてやってみたかった」と語り「指揮者が汗だくで陶酔する姿を見て、あのとき何を見て、何を感じているのか? 俳優として知りたかった」と強く役柄として惹かれたと語った。

そして、この日の最高値の“ゲスト”として11億円のストラディヴァリウスと2,000万円の弓が警備員に警護されながら恭しく壇上へと運び込まれる。劇中で見せた腕前を観客の前で披露することとなった松坂さんは、つい先日別の映画の舞台挨拶で瓦の10枚割りを行なったことを引き合いに「最近、ムチャぶりが多い…(苦笑)」とボヤきつつ、手の汗を拭ってストラディヴァリウスを手に取り、緊張した面持ちでその音色を奏でた。

演奏を終えるとドッと疲れたような顔を見せつつ「ヴァイオリンから出る振動が身体に伝わってきました。弓も重さがあって、(ヴァイオリンに)乗せただけで自然と吸い寄せられるような感覚」と感想を口にした。

この日は、プロのヴァイオリニストの演奏による、一般的なヴァイオリンとストラディヴァリウスの音色の聴き比べも行われたが、観客の耳にもその差は歴然! 深みのある音色に松坂さん、西田さん、miwaさんも恍惚の表情で耳を傾けていた。

『マエストロ』は2015年1月31日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top