【予告編】岩田剛典、キスも「待たない…」胸キュン必至のシーン満載『植物図鑑』

映画

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(C)2016「植物図鑑」製作委員会
  • 『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(C)2016「植物図鑑」製作委員会
  • 岩田剛典&高畑充希『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』-(C)2016「植物図鑑」製作委員会
  • 岩田剛典&高畑充希『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』-(C)2016「植物図鑑」製作委員会
  • 『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』 (C)2016「植物図鑑」製作委員会
  • 『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(C)2016 「植物図鑑」製作委員会
  • 『植物図鑑』 (C)2016「植物図鑑」製作委員会
有川浩の小説を原作に、「EXILE/三代目J Soul Brothers」の岩田剛典と高畑充希が初共演を果たす『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』。誰もが胸を締め付けられる、究極の純愛ストーリーを描く本作から、最新の予告編がこのほど解禁された。

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?」。何のとりえもない普通の女の子・さやか(高畑充希)の目の前に、ある晩あらわれたのは、行き倒れた青年・樹(岩田剛典)。思いもよらない出会いから突然始まった、二人の「半年」という期限付きの同居生活。しかし彼は、自身の名前と、野草に詳しいということ以外には、謎に包まれていた。「彼氏じゃないんだよね…?」知らない世界を優しく教えてくれる樹と、毎日過ごすうちに、積もっていく「好き」という気持ち。けれども彼には、ある秘密が。恋を知り、傷つき、もがきながら、少しずつ変わっていくさやか。2人の恋の行方とは――。

原作は「図書館戦争」シリーズが大ヒットし、以降「フリーター、家を買う。」「阪急電車」など数多くの著書が映像化されているベストセラー作家・有川氏の累計80万部を超えるベストセラー恋愛小説「植物図鑑」。主演には、「EXILE/三代目J Soul Brothers」のパフォーマー・岩田さんと、若手演技派女優として注目を浴びる高畑さんがともに映画初主演として挑んでいる。監督には、「トリハダ」シリーズや4月公開の『のぞきめ』でも監督を務めた三木康一郎がメガホンをとっている。

今回解禁された予告編は、「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?」と高畑さん演じるさやかの前に突然現れる樹が言うシーンから始まる。「おはよう」と樹がキッチンに立つ姿や、エプロンをしてさやかに料理を振舞う様子など、胸キュン必至のシーンが満載。しかしそんな楽しい日々も束の間、「ハンカチ使ってくれてる?」と今井華演じるユリエが思わせぶりな態度で話しかけ、その場面を見てしまったさやかは涙してしまう…。


そして樹とさやかのキス寸前シーン2連発や、ビジュアルにもあったお花の冠を頭に乗せてあげる場面なども。またさらにJUJUの名曲「やさしさで溢れるように」を「Flower」がカバーした曲も流れ、純愛物語をさらに盛り上げている。今旬のフレッシュな主演2人の初々しい演技を覗くことができる予告編となっている。

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』は6月4日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top