岩田剛典、実はリアル植物男子!? 『植物図鑑』北海道トークイベント

最新ニュース

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(C)2016「植物図鑑」製作委員会
  • 『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(C)2016「植物図鑑」製作委員会
  • 『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(C)2016「植物図鑑」製作委員会
「図書館戦争」「フリーター、家を買う。」「阪急電車」など数多くの著書が映像化されているベストセラー作家・有川浩の小説「植物図鑑」を映画化する『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』。この度、本作で高畑充希とW主演を務める岩田剛典が、サッポロファクトリーにてトークイベントを行った。

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?」。何のとりえもない普通の女の子・さやか(高畑充希)の目の前に、ある晩あらわれたのは、行き倒れた青年・樹(岩田剛典)。思いもよらない出会いから突然始まった、2人の「半年」という期限付きの同居生活。しかし彼は、自身の名前と、野草に詳しいということ以外には、謎に包まれていた。「彼氏じゃないんだよね…?」知らない世界を優しく教えてくれる樹と、毎日過ごすうちに、積もっていく「好き」という気持ち。けれども彼には、ある秘密が。恋を知り、傷つき、もがきながら、少しずつ変わっていくさやか。2人の恋の行方とは――。

「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のパフォーマー・岩田さんと、若手演技派女優として注目を浴びる高畑さんがともに映画初主演として挑んだ本作。そのほか、阿部丈二、今井華、大和田伸也、宮崎美子ら多様なキャストが脇を固めている。そして監督には、「トリハダ」シリーズの三木康一郎が務めた。

5月24日(火)、会場となったサッポロファクトリーは、600人ものファン埋め尽くされ、開始前からものすごい熱気に包まれていた。そんな中、主演の岩田さん、企画・プロデューサーの井上竜太が登壇し、トークイベントがスタート。岩田さんが登場すると、会場からは震えるほどの黄色い歓声が! まず最初に岩田さんは「みなさん盛り上がってますか? 北海道へ上陸しました! 今日は短い時間ですが、楽しい時間にしたいので最後までよろしくお願いいたします」と挨拶。

そして話題は映画の話へ。原作の樹のビジュアルが黒髪だったから、 黒髪にしようと監督などに相談をしたところ「岩田くんはそのままでいい! 樹に見えるから大丈夫。そのまま演じてくれ」と言われたことを明かした。また、普段料理はあまりしないという岩田さんだが、劇中では料理をするところも披露するということで、「フライパンや中華鍋などの中に 発泡スチロールを細かくしたものを入れて練習したり、オムレツ作りも本当にたくさん練習しました」と苦労話も。

また、樹の料理と言えば、野草を使った料理だが、「野草には詳しくなりましたか?」という質問に対して、「元々、結構野草には詳しいんですよ。 自然に恵まれた場所で育ったというのもあって、昔よく、その辺に生えてるものを取ってきて、 母親に料理を作ってもらったりしていました」と、まさかの”植物男子”だったことが明らかに。

撮影中の想い出のエピソードやお気に入りシーンの話になると、 「体力系のエピソードでいうと、カットされちゃったシーンですかね。 お姫様抱っこを一生分くらいしたんですが、カットされてしまい…。俺の筋肉痛を返してくれと(笑)」 という岩田に対し、井上プロデューサーは「映画の最初から、岩ちゃんと充希ちゃんが素敵すぎて、これ以上胸キュンシーンを入れてしまうと、みんなキュン死しちゃうんじゃないかと思って、なくなくカットしました(笑)」という返しに、会場中から笑いが沸き起こった。そしてお気に入りシーンとして岩田さんが上げたのは ふきご飯を一緒に作るシーン。「さやかと2人で野草を取りにいって、 一緒に料理をするシーンなんですが、“塩とって”とか“ここはこうして”という、 すごく自然な会話が繰り広げられていて、現場の空気感がとても出ているシーンなんですよね」と話していた。

さらに、ロケも多かったという本作。「河原で撮影をする重要なシーンがあったんですが、雨が多い時期で、どしゃぶりになってしまって、半日くらいロケバスで待機していました。僕と高畑さんのスケジュールも合う日程もあまりなく、寝不足の中で戦っていて、今日撮りきらないとダメだ! という状況だったんですが、夕方5時過ぎから急に雨が止んだんです。そこでバッとスタッフ・キャスト共々外に出て、日が落ちるギリギリの約1時間くらいで、集中して撮影をしたのをとても覚えています。 映画を観ていただく時は、その辺も注目して、色々な角度で楽しんでいただけたらと思います」と、これから映画を観るファンに対して見どころを語っていた。

最後に岩田さんは「つい胸キュンシーンに フォーカスされがちですが、この映画は単なる王道ラブストーリーではなく、 日常に根差した草花の温かみとか、誰かと一つ屋根の下で暮らし、その中にある 小さな幸せを改めて気づかせてくれる、心温まる作品になってます。初主演で、この作品に出会えて本当によかったと思っています」と映画をPRし、大盛況の中イベントは終了した。

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』は6月4日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top