林遣都「又吉さんに感謝」…「火花」で“漫才文化”を世界へ!

最新ニュース

「火花」ドイツ「ニッポン・コネクション」舞台挨拶 -(C)2016YDクリエイション
  • 「火花」ドイツ「ニッポン・コネクション」舞台挨拶 -(C)2016YDクリエイション
  • 「火花」-(C)2016YDクリエイション
  • 「火花」(C)2016YDクリエイション
  • 「火花」ドラマ化のキャスト陣
  • 「火花」(C)2016YDクリエイション Netflixオリジナルドラマ「火花」 2016年春オンラインストリーミング予定
  • Netflixにて初映像化が決定した又吉直樹作「火花」(C)Netflix. All Rights Reserved.
まもなく「Netflix」にて全世界同時ストリーミングが開始される、又吉直樹原作・第153回芥川賞受賞作品のドラマ化「火花」。このほど、本作がドイツで開催された「ニッポン・コネクション」に出品され、全10話の一挙上映を実施。日本からは主演の林遣都、波岡一喜、7&8話を担当した久万真路監督がかけつけ、舞台挨拶を行った。

日本純文学の最高峰、第153回芥川賞を受賞した小説「火花」。芸人である「ピース」又吉さんが初めて手がけた本小説は、単行本で累計250万部を超え、空前の大ヒットを記録。日本独特の話芸“漫才”の世界に身を投じた青年たちの10年を映しながら、生きることの意味と、愛しさ、切なさを謳いあげた青春物語だ。

そんな本作が、ドイツを代表する文豪ゲーテが誕生した町、フランクフルトで開催中の「ニッポン・コネクション」第16回日本映画祭のニッポン・シネマに出品。5月28日(現地時間)に1~3話、29日には約10時間に及ぶ全10話の上映が行われ、両日とも林さん、波岡さん、そして久万監督による舞台挨拶が行われた。

22時という遅い時間帯での上映にもかかわらず、300席満席の客席を前に、林さんは満面の笑みを浮かべ、「日本で俳優をやっている林遣都と申します。こうして、海外の方にご覧いただく機会をいただけたことを、とても嬉しく思います。海外の方に胸をはって観ていただける素敵な作品になったので是非楽しんでいってください」と、真摯に挨拶。

続いて、波岡さんは、「こんばんは! 私は波岡一喜といいます。来てくれて本当にありがとうございます」をドイツ語で挨拶。「ここからは日本語で…」と照れ笑いをしながら、「嬉しい! こんなにたくさんのお客さんがいらっしゃると思わなかったので泣きそうになりました。今日昼間、フランクフルト市内を回り、天候もよくとてもいい日なんだと思いました。いま、ここに来てもっといい日だと感じました。楽しんでいってください」と興奮気味に言葉を紡いだ。

さらに、7話・8話を担当した久万監督は、「漫才に青春をかけた男たちの物語を、みなさんがどう受け止めてくださるか、ドキドキもしていますがよい評価をいただけることを、期待しています。思いっきり笑って楽しんでいってください」と、ドイツの観客に向けて語った。

全10話の一挙上映後には、大きな拍手が巻き起こり、会場では涙を流す観客も。また、漫才という文化への関心も高まったというコメントが多く寄せられ、世界190か国同時配信に向け、日本特有の“漫才文化”発信へ大きな手ごたえを感じられる上映となった。

また、Q&Aでは、原作についての質問が飛び、林さんからは「この物語の原作を描かれた又吉直樹さんは、この物語の主人公のように漫才をされている日本でも大変な有名な芸人さんです。また、昨年、日本では歴史的な文学賞である芥川賞を受賞し、日本中がこの物語に魅了され、感動の渦にのまれました」と回答。世界配信についての意気込みを問われた林さんが、「日本で俳優として活動をしていると、海外で作品をご覧いただける機会がなかなかないので、作品を生み出してくれた又吉さんに感謝しております」と又吉さんへの感謝の意を語ると、波岡さんは「世界中で配信されたら、もっといろんな人が見てくれますよね。もっと有名になりたい!」とコメントし、会場を沸かせた。

さらに久万監督は、「5人監督がひとつの作品を手掛けるというのは、日本でもなかなかない試みです。この作品は映画監督と映画のスタッフが手掛けています。僕たちは1本の映画を作るつもりで臨んでいました。総監督の廣木隆一監督を筆頭に、それぞれの監督が切磋琢磨し、いい意味で競い合ったことが作品にうまく反映されていると思います」と、映像作品の新しい表現について示唆していたのが印象的だった。

現地の観客からは「本当に感動しました。会場から出た瞬間、胸がいっぱいになりました。若い方が一生を掛ける覚悟で『どうしたら面白い漫才ができるのか』を日々求め続ける姿が印象的でした」(40代男性)、「ひとことで言えば素晴らしかったです。最初は笑えるコメディかと思ったけれど真剣な話もあり感動もあり、面白かったです」(女性2人組)、「実は日本の人気お笑い芸人のファンなのですが、漫才がどういうものなのか、これまでは知らなかったので、この作品を観てやっと理解できたなと思いました」(20代男性)、「考えさせるところ、悲しくなるところもありつつ、笑えるところもあっていろいろな感動ができてとてもよかった」(夫婦)と絶賛のコメントが寄せられた。

Netflixオリジナルドラマ「火花」は6月3日(金)より世界190か国にて全10話一斉同時配信開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top