『暗いところで待ち合わせ』インタビュー第一弾!チェン・ボーリン