ジェイク・ギレンホールがセクシーな政治コメディで、不道徳な政治家役に挑戦

『不都合な真実』のアル・ゴア氏の娘で、『北極のナヌー』のナレーション脚本を共同で手がけたクリスティン・ゴアの新作に、ジェイク・ギレンホールとジェシカ・ビールが主演するかもしれない。

最新ニュース

ロバート・ダウニーJr.とウエストハリウッドのクラブを訪れたジェイク・ギレンホール -(C) Splash/AFLO
  • ロバート・ダウニーJr.とウエストハリウッドのクラブを訪れたジェイク・ギレンホール -(C) Splash/AFLO
『不都合な真実』のアル・ゴア氏の娘で、『北極のナヌー』のナレーション脚本を共同で手がけたクリスティン・ゴアの新作に、ジェイク・ギレンホールとジェシカ・ビールが主演するかもしれない。

作品は『ハッカビーズ』のデヴィッド・O・ラッセル監督の新作『Nailed』(原題)で、ゴアとラッセルの共同脚本になる。セックスが絡む政治コメディで、頭に釘が打ち込まれたのをきっかけに奇妙な性欲にとりつかれてしまった秘書の女性と、彼女を利用しようと企む政治家の物語。

主演として名前の挙がった2人の正式契約はまだだが、ほぼ確定しており、来年1月から撮影が始まる予定。



10月29日、ウエストハリウッドにあるキークラブにロバート・ダウニーJr.と訪れたジェイク。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

特集

page top