最新ニュース インタビュー記事一覧

【インタビュー】広瀬すず&松坂桃李、キャリア史上最難関の“役”に挑み辿り着いた答えとは 画像

【インタビュー】広瀬すず&松坂桃李、キャリア史上最難関の“役”に挑み辿り着いた答えとは

誘拐犯と被害者と“された”男女の壮絶な運命を描いた映画『流浪の月』が、5月13日に劇場公開を迎えた。本屋大賞に輝いた凪良ゆうの同名小説を李相日監督が実写映画化した骨太な一作。宿命を背負わされてしまったふたりに扮したのが、広瀬すずと松坂桃李だ。

22年度の募集がスタート!未来の映画監督を発掘&育成する「ndjc」とは? 画像

22年度の募集がスタート!未来の映画監督を発掘&育成する「ndjc」とは?PR

次世代を担う若手映画作家の発掘と育成を目的に、映像産業振興機構(VIPO)が文化庁から委託を受けて2006年度より運営している「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」。2022年度も実施が決定し、監督募集を開始した。

【インタビュー】赤楚衛二&町田啓太、役を通しての変化と現在のキャリア「ひとつに決めなくてもいい」 画像

【インタビュー】赤楚衛二&町田啓太、役を通しての変化と現在のキャリア「ひとつに決めなくてもいい」

赤楚衛二、町田啓太が丁寧に紡いだ『チェリまほ』役柄についてのエピソードや思いに加え、今の彼らのキャリアに対する向き合い方、それぞれが最近プライベートで楽しんだ作品まで、幅広く語ってもらった。

【インタビュー】マッツ・ミケルセン 役への向き合い方を語る「どう演じればいいか、答えを探し続けるのが俳優の人生」 画像

【インタビュー】マッツ・ミケルセン 役への向き合い方を語る「どう演じればいいか、答えを探し続けるのが俳優の人生」

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』でグリンデルバルドを演じるマッツ・ミケルセン。今回リモートインタビューを行い、作品について、現在の彼自身について話を聞いた。

【インタビュー】杉野遥亮、充実の1年も「常に模索」 “誠実さ”と共に見据える未来 画像

【インタビュー】杉野遥亮、充実の1年も「常に模索」 “誠実さ”と共に見据える未来

「誠実に」というワードがインタビュー中、何回か杉野遥亮から発せられた。俳優という職業においても、プライベートでも、彼が大切にしている“誠実”。

【インタビュー】『ドライブ・マイ・カー』字幕翻訳・礒崎美亜、映画の世界に没入させる英語字幕ができるまで 画像

【インタビュー】『ドライブ・マイ・カー』字幕翻訳・礒崎美亜、映画の世界に没入させる英語字幕ができるまで

『ドライブ・マイ・カー』の英語字幕翻訳を手がけたのは、字幕翻訳に従事して25年以上の礒崎美亜さん。観客の心を捉えて放さない英語字幕ができるまでの裏側を語っていただいた。

【映画と仕事 vol.16】「どこにいようとも、人間は孤独であり、常に寂しいもの」―『ウェディング・ハイ』大九明子監督が惹かれるテーマ 画像

【映画と仕事 vol.16】「どこにいようとも、人間は孤独であり、常に寂しいもの」―『ウェディング・ハイ』大九明子監督が惹かれるテーマ

映画の世界で働く人々に話を伺う【映画お仕事図鑑】。今回は先日、最新作『ウェディング・ハイ』が公開を迎えた大九明子監督に、日本映画界における女性監督の地位や劇中における女性の描写などについて話を聞いた。

【インタビュー】小松菜奈×坂口健太郎 今までとは違ったステージに――「大きなものが変わった」 画像

【インタビュー】小松菜奈×坂口健太郎 今までとは違ったステージに――「大きなものが変わった」

ターニングポイント、生涯得難い経験、記念碑的作品――小松菜奈と坂口健太郎にとって、W主演を果たした映画『余命10年』は、言葉にするならばそういう類の、あまりにも特別な1作となった。

【インタビュー】中村倫也の更なる躍進、“受け”と“攻め”の演技を自在に操る表現術 画像

【インタビュー】中村倫也の更なる躍進、“受け”と“攻め”の演技を自在に操る表現術

中村倫也はどこまで行くのだろうか――。映画『ファーストラヴ』にドラマ「珈琲いかがでしょう」「コントが始まる」、そして劇団☆新感線による舞台「狐晴明九尾狩」。様々な形態でファンを楽しませてくれた彼の勢いは、2022年も止むことがない。

【インタビュー】笠松将、役者としての“現在地”と私生活の“喜怒哀楽” 画像

【インタビュー】笠松将、役者としての“現在地”と私生活の“喜怒哀楽”

笠松将の活躍が目覚ましい。作品においてスパイスとなるような人物でも、裏がありそうなあやしい人物でも、クールにたたずむ人物でも、それがどんなキャラクターであろうと、笠松さんはすべて生き生きと、どんなものだとやり切る。こちらが思わず見惚れてしまうほどに。

【インタビュー】ピーター・ディンクレイジ、『シラノ』が今の時代に伝えるメッセージ「隠れず、恐れず、想いを伝える」 画像

【インタビュー】ピーター・ディンクレイジ、『シラノ』が今の時代に伝えるメッセージ「隠れず、恐れず、想いを伝える」

不朽の戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」を原作にしたミュージカル映画『シラノ』で、主人公の剣豪シラノを演じたピーター・ディンクレイジにインタビュー。

【インタビュー】「ボブがなぜ僕を選んでくれたのか、毎日考えている」『ボブという名の猫』原作者が語る思い出 画像

【インタビュー】「ボブがなぜ僕を選んでくれたのか、毎日考えている」『ボブという名の猫』原作者が語る思い出

『ボブという名の猫2 幸せのギフト』のモデルとなった原作者ジェームズ・ボーエンが、スクリーンに刻まれたボブとの日々に思いを馳せながら、“ボブが遺してくれたもの”について語った

【映画と仕事 vol.15】ラブシーンに臨む俳優の尊厳を守る 日本初の“インティマシー・コーディネーター”浅田智穂が現場にいることの意味 画像

【映画と仕事 vol.15】ラブシーンに臨む俳優の尊厳を守る 日本初の“インティマシー・コーディネーター”浅田智穂が現場にいることの意味

Netflixの新ドラマ「金魚妻」において性的な描写や激しい露出を伴うシーンにおいて インティマシー・コーディネーターとして、俳優陣をケアする役割を担った浅田智穂。日本でも少しずつ認知されてきたインティマシー・コーディネーターの役割とは?

中野量太、岨手由貴子ら人気監督を輩出!本年度の「ndjc」選出監督が語る、“映画製作”への思い 画像

中野量太、岨手由貴子ら人気監督を輩出!本年度の「ndjc」選出監督が語る、“映画製作”への思いPR

「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2021」に選出された4名の若手監督にインタビュー。

【映画と仕事 vol.14】史上最大級の“死んでいる”怪獣をどうつくるか?  “バカバカしさ”を求めた三木聡監督に造形師・若狭新一が示した答え 画像

【映画と仕事 vol.14】史上最大級の“死んでいる”怪獣をどうつくるか? “バカバカしさ”を求めた三木聡監督に造形師・若狭新一が示した答え

映画に携わる人々に話を聞く【映画お仕事図鑑】。今回は『大怪獣のあとしまつ』で“怪物造形”を担当した若狭新一さんにインタビューを敢行! 日本の特撮映画史上類を見ないほど巨大で、しかも“死体”として登場することになった大怪獣はどのように生まれたのか?

ウェス・アンダーソンの世界を作る立役者の1人『フレンチ・ディスパッチ』美術監督に聞く 「狙ったのはバランス感」 画像

ウェス・アンダーソンの世界を作る立役者の1人『フレンチ・ディスパッチ』美術監督に聞く 「狙ったのはバランス感」

ウェス・アンダーソン最新作『フレンチ・ディスパッチ』の世界観を形づくった、2007年『ダージリン急行』以来、コンビを組む美術担当アダム・ストックハウゼンにインタビュー。

【インタビュー】石橋菜津美、今を生きる人に伝えたい“選択肢が一つじゃない”生き方 画像

【インタビュー】石橋菜津美、今を生きる人に伝えたい“選択肢が一つじゃない”生き方

現代の東京に生きる29歳独身女性4人の恋、結婚、仕事、性、友情などに斬り込み描くABEMA新オリジナルドラマ「30までにとうるさくて」が1月13日(木)22時より放送される。

【インタビュー】米倉涼子×綾野剛×横浜流星 それぞれの正義「愛と熱狂、していたい」 画像

【インタビュー】米倉涼子×綾野剛×横浜流星 それぞれの正義「愛と熱狂、していたい」

Netflixシリーズ「新聞記者」が1月13日(木)より世界同時配信される。第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか、3部門を受賞した映画『新聞記者』を、藤井道人監督自らの手で、新たな物語として築き上げた。

【座談会】厳選した作品を配信!ミニシアター系のサブスク「ザ・シネマメンバーズ」の魅力 画像

【座談会】厳選した作品を配信!ミニシアター系のサブスク「ザ・シネマメンバーズ」の魅力PR

映像作品、音楽、本、コスメ、家電、洋服に至るまで、定額料金でサービスが使い放題になるサブスクリプションサービスが定着した。私たち消費者は、どのサービスが自分に合うかを見極めたり、試行錯誤したりして、日々取り入れている。

【インタビュー】「普段はもっとふざけてます」神木隆之介が“神木隆之介”を演じて気づいた世間のイメージと素の自分の違い 画像

【インタビュー】「普段はもっとふざけてます」神木隆之介が“神木隆之介”を演じて気づいた世間のイメージと素の自分の違い

神木隆之介は、常に神木隆之介であることに疲れないのだろうか?

有村架純&松坂桃李&佐藤健…最も読まれたのは?2021年インタビュー読者ランキング 画像

有村架純&松坂桃李&佐藤健…最も読まれたのは?2021年インタビュー読者ランキング

シネマカフェでは映像に関わる方々に取材を敢行。まだまだ来日インタビューは叶わず…ではありますが、今年掲載した記事の中から、多くの方に読まれた人気記事をランキングにして発表します。

【映画と仕事 vol.13 後編】岸辺露伴のつくり方! 人物デザイン監修・柘植伊佐夫が明かす、高橋一生の私物のパンツから割り出した“最適解” 画像

【映画と仕事 vol.13 後編】岸辺露伴のつくり方! 人物デザイン監修・柘植伊佐夫が明かす、高橋一生の私物のパンツから割り出した“最適解”

【映画お仕事図鑑 vol.13】<後編>! 「岸辺露伴は動かない」人物デザイン監修・柘植伊佐夫はどのように高橋一生を岸辺露伴へと“変身”させたのか? 第2シーズンだからこそのチャレンジとは――?

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 110
page top